ここから本文です

小倉智昭、清水良太郎容疑者に「本当にもったいない」 父・アキラは「気の毒」

10/13(金) 11:00配信

サンケイスポーツ

 フリーアナウンサーの小倉智昭(70)が13日、MCを務めるフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜前8・0)に出演。ものまねタレント、清水アキラ(63)の三男で、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで11日に逮捕された俳優、清水良太郎容疑者(29)について言及した。番組では良太郎容疑者の父・アキラが12日夜、東京都内の自宅前で涙を流しながら謝罪した会見の様子などをVTRで紹介。小倉は「僕は清水アキラさんがコメディアンとしてほぼデビューした番組でずっとナレーションをやっていたので、彼がそこからスタートして努力してどんどん芸域を広げて、ものまね四天王までたどり着くっていう様子を見ていたんですよ」と自身との関わりを語り、「それが息子のことで、ひょっとしたら彼自身にも影響が出てくる可能性があるわけじゃないですか。気の毒だなあと思いますよ」と思いやった。

 さらに、息子の良太郎容疑者について「良太郎容疑者自身のものまね芸もそうだし、歌もうまいし、見ててね、本当にもったいないと思うよね」とその才能を惜しんだ。小倉は「父親(アキラ)の芸っていうのはどちらかっていうとコミカルにギャグとかをまじえながらものまねをするっていうその器用さじゃないですか。ところが良太郎容疑者のまねっていうのは本格的、正当歌手のまねなんですよ。本当にうまいんですよ。僕、何回か会う機会があってね、あいさつをしたり話をするときにも、『なかなか好青年に育ってよかったな』なんて思ってたんですけど、結局こういうことがあると裏表があるのかなっとしか思えなくなっちゃうからね」と残念がっていた。

 良太郎容疑者は11日に覚せい剤取締法違反(使用)で警視庁目白署に逮捕されていたことが12日、判明。同署によると、10日午後1時40分ごろ、東京・池袋のホテルで風俗嬢から「薬物を飲まされた」と110番通報があり、尿から覚醒剤の陽性反応が出たため、11日に逮捕。当初は容疑を否認していたが、12日に認めた。2月に違法カジノ店出入り疑惑を報じられてから8カ月、薬物に手を染めた形だ。

 父のアキラは前夜の会見で一家が経営する芸能事務所に所属する息子について「クビにする」と解雇を宣言。号泣しながら父の苦悩を語ったが、違法カジノ店出入り疑惑を経ての逮捕に「この野郎ですよ。崖っぷちから崖に落ちたんで、自分で上るべき」と断罪した。前日、アキラは妻が腰の手術を受けたため、病院に付き添っていた。3日前から入院中で、手術後に麻酔から目が覚めて事件を知った妻は涙。夫婦で「もうダメだね」と途方に暮れながら、「清水家はやり直しだね」と誓ったという。

最終更新:10/13(金) 11:00
サンケイスポーツ