ここから本文です

試験栽培のコメ収穫 大熊・大川原検査で安全確認

10/13(金) 10:42配信

福島民報

 東京電力福島第一原発事故による全町避難が続く福島県大熊町の大川原地区で12日、試験栽培で植えたコメの収穫が行われた。
 町内での営農再開に向け、2014(平成26)年から実施している。約8アールに作付けしたコシヒカリを町農業委員や町職員らが丁寧に刈り取った。収穫したコメは、放射性物質検査を実施して安全性を確認する。
 町によると、これまでの試験栽培で収穫したコメの放射性物質濃度は、全て食品衛生法の基準値を下回っている。

福島民報社

最終更新:10/13(金) 13:41
福島民報