ここから本文です

ザ・ブラック・ダリア・マーダー、超攻撃的メタルサウンドは過激化の一途

10/13(金) 12:22配信

BARKS

アメリカのメロディック・デスメタル、ザ・ブラック・ダリア・マーダーの最新アルバム『ナイトブリンガーズ』が9月6日に発売になった。激しく刻まれるリフと高速ブラスト、狂気のグロウル、リリシズムとアグレッションが見事なまでに融合している。

◆ザ・ブラック・ダリア・マーダー画像

1947年に全米を震撼させた迷宮入りの猟奇殺人事件、通称“ブラック・ダリア事件”由来する恐ろしいバンド名を冠したバンドは、2000年に米ミシガン州ウォーターフォードで結成された。

彼らのサウンドは1stアルバムからほとんど変わっていないが、一作ごとに確実に進化をみせている。ギターの獰猛なリフ、ドラムの狂気のブラストビート、高音と低音を絶妙に使い分けるグロウル…すべてのパートが有機的に繋がりブルータリティを肥大させていくなか、時に荘厳なメロディが顔を覗かせ、聴く者の心をえぐるのである。トレヴァーの存在感は強烈で、ぽっちゃり体型にメガネの風貌という見た目とは裏腹のボイスから吐き出される凶悪な歌詞は、見るものへのインパクトを増大させている。アグレッションとリリシズムが、非常に高いレベルで見事に融合した音楽であるともいえる。

エクストリーム・メタルの様々な要素を取り入れながら進化してきたザ・ブラック・ダリア・マーダーだが、今作では、2016年にライアン・ナイト(G)が脱退し、24歳のブランドン・エリスがバンドに加わり、エキサイティングな新しい時代の扉を開いたばかり。超攻撃的メタルサウンドはさらなる過激化の一途を遂げている。

Photo by Karen Jerzyk

ザ・ブラック・ダリア・マーダー『ナイトブリンガーズ』
2016年10月6日 世界同時発売
【50セット通販限定 CD+Tシャツ】¥5,000+税
【CD】¥2,300+税
※日本語解説書封入/歌詞対訳付き
1.ウィドウメーカー
2.オブ・ゴッド・アンド・サーペント、オブ・スペクター・アンド・スネイク
3.メイトリアック
4.ナイトブリンガーズ
5.ジャーズ
6.キングス・オブ・ザ・ナイトワールド
7.カタコーム・ヘカトム
8.アズ・グッド・アズ・デッド
9.ザ・ロンリー・ディシーズド
《ボーナストラック》
10.ゴーン・バット・ノット・フォーゴトゥン
11.ディス・モータル・コイル(カーカス カヴァー)
12.ザ・スウォーム(アット・ザ・ゲイツ カヴァー)
13.アビズマル(ライヴ)
14.ラスト・グレイヴ(ライヴ)

【メンバー】
ブライアン・エスクバック(ギター/ヴォーカル)
トレヴァー・スターナド(ヴォーカル)
マックス・ラヴェル(ベース)
アラン・キャシディ(ドラムス)
ブランドン・エリス(ギター)

最終更新:10/13(金) 12:22
BARKS