ここから本文です

ゆず、ピンク色の世界でポップな“双子ダンス”

10/13(金) 13:08配信

BARKS

ゆずが、本日10月13日に配信リリースした新曲「恋、弾けました。」のミュージックビデオをYouTubeにて公開した。

◆「恋、弾けました。」ミュージックビデオ/ジャケット画像

同曲は、北川悠仁が作詞・作曲を行ない、DJや作曲家として世界的に活躍しているTeddyLoidをアレンジャーに迎えて制作された、サイキックな胸キュンポップナンバー。デジタルサウンドにハーモニーが融合した楽曲の世界観をさらに昇華させるためミュージックビデオではゆずの2人がピンク色の強い仮想空間にトリップ。可愛らしいファンタジックなステージで、水玉模様の衣装に身を包み、息の合った“双子ダンス”を披露している。

キュートなステージや個性的な動物たちなど、独特な切り口でミュージックビデオを制作したのは、今年2017年にリリースされたゆずの「タッタ」「カナリア」「愛こそ」のミュージックビデオも手掛けた田辺秀伸。“双子ダンス”の振付は、ダンスパフォーマーで振付師のホナガヨウコが務めた。

「恋、弾けました。」は、10月21日に全国公開される映画『斉木楠雄のΨ難』の主題歌。同曲の配信ジャケットは、原作者・麻生周一がミュージックビデオを観た上で描き下ろしたもので、楽曲の歌詞でも“テレパシー” “テレポーテーション”など、劇中に沿ったキーワードが起用されている。

配信シングル「恋、弾けました。」
2017年10月13日(金)配信リリース
iTunes Store、レコチョクほか配信サイトにて

最終更新:10/13(金) 13:08
BARKS