ここから本文です

新名神・四日市JCT、工事で水道管破損 周辺800世帯が一時断水 三重

10/13(金) 11:00配信

伊勢新聞社

 【四日市】中日本高速道路名古屋支社は12日、三重県四日市市伊坂町の新名神高速道路四日市ジャンクション建設工事現場で水道管が破損する事故が発生したと発表した。この影響で、同市伊坂台地区約800世帯が一時断水となった。

 同社と市水道維持課によると同日午後1時半ごろ、同建設工事現場で作業員が市道のガードレール用支柱を打ち込む作業中、誤って水道管を破損させたため、断水が発生したという。その後、復旧作業により約2時間後に水道管は復旧。現在洗菅作業を急いでいるという。

 同社広報・CSチーム担当者は「地域住民の方に迷惑をおかけした。原因究明を急ぎ、再発防止を図りたい」と話した。

伊勢新聞社

最終更新:10/13(金) 11:00
伊勢新聞社