ここから本文です

専業主婦が家事を担当すべきか、経済学的に考えてみた

10/13(金) 11:40配信

投信1

今回は、夫婦間の家事分担について、経済学的な観点から久留米大学の塚崎教授が解説します。

*****

夫婦間の家事をいかに分担するのか、という話を始めると、様々な論点が湧き出てきて収拾がつかなくなりますが、本稿では経済学的な観点のみに特化して、どのように家事を分担すべきか、考えてみました。

機会費用とは、「他の選択をすれば得られるはずの利益」のこと

学園祭で焼き鳥を売り、3000円の利益をあげて300円ずつ山分けしたとします。「儲かった」と喜ぶ学生がいますが、それは間違いです。「焼き鳥を売らずにコンビニでバイトしたら、3万円稼げたのでは?」と考えれば、焼き鳥を売ったことは経済的には失敗だった事になります。

もちろん、学園祭の焼き鳥店は、皆でワイワイやることが楽しいので、経済的利益を論じるべきではないのかもしれませんが、こうした「誤解」は世の中に広く行われているので、注意が必要です。

夫婦で営んでいる駅前商店街の電気店が毎月20万円の黒字だとします。店を閉めて夫婦二人が働きに出れば、20万円以上稼ぐことは容易でしょうから、経済的なことを考えれば、店を閉めるべきでしょう。もちろん、親の介護をしながら店番をしている人ならば、外に働きに出ることができないので、そうした事情がないことが前提ですが。

都心で農業を営んで細々と利益を上げている農家があるとすれば、農業をやめて農地にオフィスビルを建てて貸し出せば、大きな利益が稼げるでしょう。電気店も農家も、赤字ならば撤退を検討するのでしょうが、小幅な黒字を稼いでいるから撤退の発想が浮かばないのですね。

社内のエリートを集めた戦略部門が小幅な利益を計上しているとして、社長は「エリートを集めたのだから、もっと稼げ」と叱咤激励することも可能ですが、「部門を解散してエリートたちを別の部署で活用すれば、さらに儲かるかも」と考えてみることも必要でしょう。これも、部門が赤字なら解散の選択肢が頭に浮かびやすいのですが、黒字だとなかなか浮かばないかも知れませんね。

1/2ページ

最終更新:10/13(金) 11:40
投信1