ここから本文です

メジャーの熱戦に熱狂 日本オープン

10/13(金) 8:45配信

岐阜新聞Web

 岐阜県関市山田芳洞の岐阜関カントリー倶楽部東コース(7180ヤード、パー70)で「第82回日本オープンゴルフ」が12日開幕した。平日にもかかわらず、詰め掛けた4383人のファンが日本一の称号を懸けたトッププロらの技に酔いしれた。
 日本オープンが県内で開催されるのは、1981年の日本ラインゴルフ倶楽部(可児市)以来2度目。
 中でも注目を集めたのが、年内は日本ツアーで戦うことを決めた石川遼選手(26)。午前11時30分すぎに1番ホール(492ヤード、パー4)に姿を現すと「頑張れ」などの声援とともに、ひときわ大きな拍手が沸き起こった。一瞬の静寂から、ティーショットが放たれると「ウォー」と歓声が上がり、ギャラリーも大興奮。夫婦で観戦に訪れた岐阜市の男性(58)は「フィニッシュがかっこいい。ここから流れに乗ってほしい」と満面の笑みでエールを送った。
 県勢の選手も負けてない。アマチュアながら今野大喜選手(20)=日大、恵那西中出=は、初日を終え5位タイと健闘。名古屋市から訪れた女性(42)は「決勝まで残ってほしい」と活躍に期待する。
 大会は15日まで。どのような感動が生まれるのか、今後の戦いから目が離せない。

岐阜新聞社

最終更新:10/13(金) 9:35
岐阜新聞Web