ここから本文です

“嫌われがちな池袋”への愛を落語家3氏が大いに語る

10/13(金) 19:12配信

朝日新聞デジタル

【&30】

 「池袋が苦手」だという話をよく耳にする。統計があるわけではないし、イメージと言ってしまえばそれまで。だがしかし、新宿とはまた違った“怖さ”があり、何となく避けるという話を聞くことはないだろうか。池袋で修行し、いまもってその周辺に住まう橘家文蔵さん、三遊亭白鳥さん、柳家喬太郎さんはその曖昧なイメージについてどう考えるのか。池袋演芸場近くの居酒屋で、修行時代の思い出から知られざる池袋グルメまで、愛する池袋の魅力をたっぷり語っていただいた。

【写真】人気落語家3人が愛する池袋の魅力を語る

苦手なやつは来なきゃいいんだよ。

三遊亭白鳥(以下、白鳥): 俺は大学3年から15年くらい池袋の赤線地帯だったアパートに住んでたんですけど、当時は危険な雰囲気でしたよ。池袋の駅からちょっと離れれば落ち着いてるけど、街なかは上品とは言えないよね。

文蔵: 子どもの頃からこの辺ウロウロしてたけど、やっぱり北口のほうは怖そうな人がたくさんいたね。

喬太郎: 俺も学生時代に寄席とかで来てましたけど、新宿って幅の広い怖さなんだけど、池袋は奥が深い怖さっていう感じがしましたね。でも、意外と住みやすい。要はイメージでしょう、池袋が嫌いって。

文蔵: おれはいまのところに住んで7、8年だから、芸人になってからの池袋歴はふたりよりも浅い。でも、池袋に来ると開放的になるもんね(笑)。

白鳥: ほっとする。外で飲むと疲れちゃうんですよ。

文蔵: そう。この人ね、浅草とかで飲むと「早く帰ろうよ」になっちゃうんだよ。

喬太郎: でも飲むのはさ、駅の向こう側(東・南池袋)じゃなくて、こっち側(北・西池袋)ですよね。

白鳥: そうそう。

文蔵: カウンターしかない焼きとん屋とかね。

喬太郎: あと、渋谷、新宿、湯島とかはラブホってかたまってるじゃないですか。池袋もかたまってるエリアはあるけど、それプラス、ちょこんちょこんって街中にあるのが特徴かな。

文蔵: 東西南北にあるよね。

白鳥: 演芸場の裏のほうにね、安いラブホテルがバッてかたまってますよ。

文蔵: こういう話をしてるから池袋の人気がなくなるんだ(笑)。

喬太郎: 苦手なやつは来なきゃいいんだよ! でも2年くらい前かな、“住みたい街ランキング”みたいなニュースを行きつけの店のテレビで常連同士で観てて。吉祥寺が1位で池袋が5位くらいにランクインした時、みんなが口をそろえて「うっそー」って言ったんですよ。

文蔵: それはそうだよね。

喬太郎: 「本当に住みたいのか! お前たち」って。

白鳥: 俺は吉祥寺なんて住みたくないよ。駅前もごちゃごちゃしてるし、寄席も遠いし。池袋は(交通の)便がいいんだよ。

喬太郎: イメージとして住みにくそうなんだけど、意外と住みやすいんですよ。(東京芸術)劇場のほうからラブホ街を越えたら、もう住宅街だもん。

文蔵: 東池(袋)のほうじゃないんだよな。向こうもたまに散歩するけど、やっぱり椎名町、千川、要町、北池(袋)とかくらいじゃねえかな。喬ちゃんは前座の頃どこにいたの? あ、うち(実家)か。

喬太郎: 横浜の実家が途中まで。で、1年半くらい飯田橋に住んでたんですよ。

白鳥: あれ、なんでこっち来たんだっけ?

喬太郎: 所帯もって。

白鳥: あ、そっか。いきなり区営アパート入っちゃったの?

喬太郎: ううん。要町のアパートにいたの。要町に仕事で来た時に、当時ほら、あんまり高いビルもなかったし、道幅が広いから空がすごく大きい街だなと思ったんですよ。「とても素敵だな」なんて思ってさ。

文蔵: 要町の空は広い(笑)。

喬太郎: そう(笑)。当時、仲間がこの界隈に結構いたでしょう。前座が住める安さみたいなのがありましたよね。

1/4ページ

最終更新:10/13(金) 19:12
朝日新聞デジタル