ここから本文です

羽田空港で「顔認証ゲート」導入 帰国審査場にて10月18日から

10/13(金) 15:25配信

sorae.jp

法務省入国管理局は、羽田空港に「顔認証ゲート」を設置すると発表しました。顔認証ゲートは羽田空港上陸(帰国)審査場に3台が先行導入され、日本人の帰国手続きにおいて利用されます。
 
この顔認証ゲートではカメラで撮影した帰国者の顔写真とパスポートのICチップ内の顔写真を照合し、本人を確認します。事前の利用登録の手続きは必要なく、また入国審査官から旅券に証印(スタンプ)を受ける必要もありません。ただし、顔認証ゲートの利用は身長が135cm以上である必要があります。
 
スタンプが押されないということで不安に思う方もいると思いますが、法務省ではスタンプを希望する場合には最寄りの職員に問い合わせてほしいとしています。また海外の空港では職員の気分によってスタンプが押されたり押されなかったりするので、あまり気にする必要もないでしょう。
 
法務省によれば、今後は他の空港にも顔認証ゲートの導入が進められるそうです。

最終更新:10/13(金) 15:25
sorae.jp