ここから本文です

アニマル・ウォリアーが断言した相撲レスラー最強説…金曜8時のプロレスコラム

10/13(金) 8:00配信

スポーツ報知

 “暴走戦士”ザ・ロード・ウォリアーズのアニマル・ウォリアー(57)と遭遇した。11日に東京・新宿区の「居酒屋カンちゃん」で、店主のキラー・カンさん(現役時代はカーン表記、本名・小沢正志、70)と30年ぶりに再会を果たしたのだ。2人が会うのはカンさんが現役だった1987年以来。その歴史的瞬間を取材させてもらった。

【写真】30年ぶり再会をビールで祝ったアニマル・ウォリアーとキラー・カンさん

 「世界のプロレス観戦ツアー」の企画で5日に来日し、高松、京都、東京、福島でサイン会などのイベントを開いたアニマル。「どうしてもカーンに会いたい」とリクエストし、帰国前日にカンさんが営む居酒屋で、チームフルスイングがファンイベントを企画したのだった。

 握手して抱き合った両雄。「140キロのカーンをリフトアップしたのを思い出すぜ」とアニマル。身長は190センチ超のカンさんの方が高かったが、アニマルは280ポンド(約127キロ)という威圧感ある体形をキープしていた。モヒカンヘアも、まだ逆立たせることができている。

 ウォリアーズの相棒・ホークさんは03年に46歳で亡くなっており、単身での来日が続いている。「俺はセミリタイアだけど、まだ現役だ。次に日本に来る時は試合をしたい」と腕や胸の筋肉の張りを誇示した。

 報知新聞の過去記事を見せると喜んでくれた。一番大きな扱いだったのが1985年3月7日の初来日を伝える翌8日付芸能面。成田空港VIPルームでの来日会見に約50人の報道陣が集まるフィーバーぶりだった。日本で前評判が高かったのは、前年10月からテレビ東京系「世界のプロレス」(当時、毎週土曜午後8時)で全米での暴れっぷりが紹介されていたからだった。

 「すごいだろ。エアポートではマイケル・ジャクソンのような歓待をしてくれたんだぜ。そして、会見しながらビールを飲んだんだ。キリンだったな。日本のビールはうまいんだ」

 「カンちゃん」でも乾杯でジョッキビール(ここではサントリー)を一気飲みし、「ウォリアーズ・スタイル!」と高笑いした。初来日の85年3月9日に全日本プロレスの両国国技館大会で、ジャンボ鶴田&天龍源一郎の鶴龍コンビのインタータッグ王座に挑戦し、日本テレビ系で生中継された(3本勝負で1-1から反則負け)。これは来日第2戦で、記念すべき第1戦は、同8日の船橋市民体育館でのキラー・カーン&アニマル浜口戦だった(3分39秒で浜口を瞬殺)。さらに同14日に愛知県体育館でカーン&長州力を相手にAWA世界タッグ王座を防衛しており、同じく「世界のプロレス」の登場人物だったカーンの役割は大きかったのだ。

1/2ページ

最終更新:10/13(金) 10:43
スポーツ報知

Yahoo!ニュースからのお知らせ