ここから本文です

今も実在する死霊人形「アナベル」…怖すぎる実話『死霊館』シリーズを振り返る!

10/13(金) 12:31配信

dmenu映画

2013年にシリーズ第1作目が公開するや、世界中を恐怖の渦に巻き込んだ『死霊館』シリーズ。いよいよファン待望の第4作目が公開します。

不気味な死霊人形・アナベルの誕生の秘密が明かされる最新作『アナベル 死霊人形の誕生』にむけて、これまでのシリーズのおさらいと見どころをご紹介します。病みつきになる恐怖を味わいましょう!

実話を元に構成されているからこそ、恐怖レベルMAXに!

『死霊館』シリーズは、非聖職者としては唯一カトリック教会が認めた悪魔研究家の夫エドと、霊能力者の妻ロレインのウォーレン夫妻の身に実際に起こった恐怖体験を元に構成されています。次々と繰り出される恐ろしい出来事が、行き場のない絶望感を生み出し、観るものを精神的に追い詰めていきます。

また、映画化されたもの以外でも、夫妻は数えきれないほどの超常現象の調査を行い、その分野ではトップクラスの実力を誇る心霊現象の研究家として知られています。2006年に夫のエドは79歳でこの世を去っていますが、妻ロレインは90歳となった今も多くの相談を受けているそうです。霊を見たり感じたりすることはとても辛く大変なことだけれど、年を重ね経験を積んだ今は以前より楽になったとも語っています。

エド&ロレイン・ウォーレン夫妻を一躍有名にした『死霊館』(2013年)

シリーズ第1作目となった『死霊館』(2013年)は、心霊現象研究家のウォーレン夫妻の実際の体験の中で、最も恐ろしく邪悪なものを基にした作品だと言われています。そのときのウォーレン夫妻の精神的な負担はもちろん、肉体的なダメージも凄まじいものでした。

この物語の舞台となったのは、1971年アメリカの東北部に位置するロードアイランド州に建つ古い屋敷でした。事の始まりは、念願のマイホームとして、この屋敷を購入したペロン一家。しかし越して来た翌日から、数々の怪奇現象に悩まされ、心霊現象研究家であるウォーレン夫妻に助けを求めました。この深刻な状況を調査した夫妻は、ここではかつて凄惨な事件が起こり、それ以来悪魔が棲みついている、ということを突き止めるのです。

この作品の製作にあたり、ペロン一家の長女は脚本の監修を行い、当時の現場にも足を運んでいます。屋敷に巣くう邪悪な存在との壮絶な戦いは大きな話題となりましたが、ウォーレン夫妻の実体験から誇張した描写が一切ないことも人々を驚かせました。

1/3ページ

最終更新:10/13(金) 12:31
dmenu映画

Yahoo!ニュースからのお知らせ