ここから本文です

【インド】仏ミシュラン、工場で新ライン稼働

10/13(金) 15:16配信

INDO WATCHER ビジネスプレミアム

 仏タイヤ大手ミシュランは10月10日、南部チェンナイ近郊のティルバールール県ザーボイ・カンディガイ(タミル・ナドゥ州)で運営する工場で、新生産ラインの稼働を開始した。同日付PTI通信が報じている。

 新ラインの稼働に伴い、同工場の年産能力(約1万5,000トン)は来年末までに倍増する予定。なお、工場で生産されたタイヤの70%は国内で販売される見込みだ。