ここから本文です

ビタミンDサプリで重度のぜんそく発作予防

10/13(金) 18:02配信

健康産業速報

 ビタミンDサプリメントの摂取で、ぜんそくの深刻な発作リスクが減少することが、ロンドン大学クイーンメアリーの研究者らの研究で分かった。論文は「Lancet Respiratory Medicine」に掲載された。

 研究では、955人のぜんそく患者のデータを分析。標準治療を受けながら、ビタミンDのサプリメントを摂取した場合、ステロイドの投与を要する発作は30%減少し、入院などが必要となる重度の発作は50%減少した。

 試験開始時点でビタミンD血中濃度のレベルが低い患者がサプリメントを摂取した場合は特に効果が顕著で、ステロイド投与を要する発作が55%減少した。

健康産業速報

最終更新:10/13(金) 18:02
健康産業速報