ここから本文です

ドリュー・バリモアが伝授! 画期的な固ゆで卵の作り方

10/13(金) 20:50配信

ELLE ONLINE

今すぐ試したくなる!

お気に入りのメニューをおいしく簡単に作るためのテクニックを追求したい、そんな欲望は尽きないもの。電子レンジからホットサンドプレスまで、あらゆるツールを活用して作るお手軽料理はそれだけでひとつの料理ジャンルになっている。今回は固ゆで卵を作るのに、画期的なテクニックをドリュー・バリモアが伝授。

おいしい料理を簡単に、しかも半分の時間で作れるテクニックが嫌いな人はいないはず。実際、時短クッキング術は料理の未来を担っていると言っていい。それにピンタレストをはじめとするSNSを見れば、時短テクニックがたくさん! その中には、ゆで卵を簡単に作る方法も数多く含まれている。そこで私たちは、冷たい水に卵を入れて作る方法から、水に重曹を入れる隠し技まで、“簡単&完璧な固ゆで卵を作る方法”として紹介されているテクニックを徹底検証してみた。結果、賞賛に値するものから、完璧とは言い難いとんでもないゆで卵が出来上がってしまう残念なものまでさまざま……。そんな中、以前はヴィーガンだったドリュー・バリモアの提案する方法は、固ゆで卵の作り方の新たなトレンドになること間違いなし。本当に見事だから試してみて!

インスタグラムでこの方法を紹介しているドリュー。それを見るととても簡単だけれど、マスターするためには何度かトライする必要が。しかし、調理時間はわずか15分だから、試行錯誤を重ねてもそんなに時間を要さないはず。

まず用意するのは大きくて深いグラス。ここに熱いお湯を入れる。沸かしたお湯を入れてもいいけれど、水を入れたグラスを電子レンジで加熱するのがおすすめ。とても熱くなるので、レンジから出すときには鍋つかみを使うこと! 次に穴の開いたお玉を使って、静かに卵をグラスの中に入れる。あとは静かに置くだけ。15分経ったら、お玉を使って卵を出して冷たい水の中に入れる。ペーパータオルの上で殻にヒビを入れ、あとはいつものように殻を剥けば出来上がり! お湯がしっかり熱ければ、パーフェクトな固ゆで卵になっている。ダイエットおやつにはもちろん、デヴィルドエッグ用にゆで卵を作るときなどにぜひ試してみて。

original text : Megan Shepherd translation : Yoko Nagasaka

※この記事は、海外のサイト『Delish』で掲載されたものの翻訳版です。

最終更新:10/13(金) 20:50
ELLE ONLINE