ここから本文です

ホーム転落、怪奇現象…「恐怖エピソード」集

10/13(金) 11:20配信

TOKYO FM+

生きていれば1度や2度は予想だにしない出来事に遭遇し、肝を冷やすほど“怖かった”思いをしたことはありませんか?

鈴木おさむがパーソナリティを務めるTOKYO FMの番組「よんぱち 48 hours ~WEEKEND MEISTER~」の9月29日(金)の放送では、「あ~、あのとき怖かった!」と題し全国のリスナーからメッセージを募ったところ、さまざまな恐怖エピソードが寄せられました。

その一部を紹介!

★素敵なメンズに囲まれ有頂天も……
「北海道から上京して間もない頃、初めての渋谷でやった合コンでの出来事。賑やかな雰囲気と素敵なメンズに囲まれてついつい飲み過ぎ、フラフラで友人とメンズと電車を待っていました。到着した山手線はもちろん満員。友人たちはギュウギュウの車内にひるむことなく颯爽と隙間に入り込んでいきます。私はどうやって乗っていいのか分からず呆然としていると『早くおいで~!』と呼びかけられ、慌てて乗ろうとしたら、アルコールでおぼつかない足元のせいで着地点を見失い、そのまま電車とホームの間に落ちてしまいました。ちょうど脇の下あたりで挟まっていたので、近くにいた男性が引き上げてくれました。恥ずかしいのと怖さですっかり酔いも醒めました」(RN:はまやっこさん)


★ジェットコースターに異変!?
「家族で小さな遊園地に行ったときのこと。妹と一緒に椅子が回転するジェットコースターに乗ったのですが、自分が座った席のほうが明らかに回転数が多いんです。おかしいなと思いつつあまり人のいない遊園地なので、好奇心で同じ席にばかり座って何回もそのジェットコースターに乗りました。そして翌日、ニュースを観ていると昨日行った遊園地のニュース。映像には昨日異変を感じたあのジェットコースターが。椅子の調子がおかしいということで点検をすると整備不良だったという内容でした」(RN:ふわふわの歯茎さん)


★海外のホテル、夜中3時にノックが……
「初めての海外出張。ホテルで宿泊していたのですが、ある日深夜にふと目が覚めました。時計を見ると深夜の3時。電気が点けっぱなしだったので目が覚めたのかなぁと思っていたら“コンコン♪”と物音が聞こえます。気のせいだと思ってベッドで寝ようとしたらなかなか止まない。耳を澄ますと部屋のドアから聞こえます。幽霊かもしれないし、幽霊じゃなくても海外だから銃で撃たれるかもしれないと思い、チェーンをかけて恐る恐るドアを開けると『Hey Pizza!』と、ピザを持った配達員が立っていました。どうやら部屋の番号を間違えたようでした。こんな時間にピザを頼むな!」(RN:フジバランさん)


★もしや怪奇現象?
「昔、仕事で都内にあるスタジオに行ったときのこと。待機室で待機していたら壁にかけられた時計の針がいきなりグルグルと回り出し、4時44分で止まったんです。怖くなってみんな騒ぎ出し、別室に通されたのですが、その部屋の時計の針も急に回り出し、4時44分で止まりました。とても怖かったです」(RN:ノロウイルススタンプさん)


★面接で冷や汗……
「就活をしていたとき、『カジュアルな服装で来てください』という企業があったので、Tシャツに短パン姿で行きました。会場に行くとジャケットやチノパンなどを着た人ばかりでビックリ。汗をダラダラかきながら面接を受けましたが、当然落ちました」(RN:イミミさん)


これらの怖かったエピソードを読み上げた鈴木は、カジュアル問題に言及。「結婚式でもたまに“カジュアル(平服)でも大丈夫です”って書いてあるくせに、いざ行ってみたらジャケットの人ばっかりってことあるよね。『何だよ!?』みたいな。あれ、やめてほしいよね。スーツで来てくださいって書いてあるほうがいい」と同調していました。


(TOKYO FMの番組「よんぱち」より)

最終更新:10/13(金) 11:20
TOKYO FM+