ここから本文です

維新・松井代表来県 「増税の前に政治家が身を切るべき」/富山

10/13(金) 10:02配信

チューリップテレビ

 『日本維新の会』の松井代表が、富山小選挙区の立候補者の応援で県内入りし、「消費増税の前に、政治家自身が身を切る必要性」を訴えました。

 12日、県内入りした『日本維新の会』の松井代表。

 「政務活動費を個人としてお小遣いに使っていたというのがこの富山の状況であります。国会でも同じようなことがあるんです。徹底的に一度税金の使い方を見直しませんか」(松井代表)

 松井代表は、富山市議会で起きた政務活動費の不正取得問題を引き合いに出し、自民党の1強体制が奢りを生み、国民の税金が一部の既得権益に流れていると訴えました。

 そして、争点の一つである「消費増税」についてこう述べました。

 「政治家が(消費)増税を決めた時に、自分たちの身分を削ると約束したことをほごにしているのに、今そのまますっと増税を認めれば」「何だかんだ理由を付けられて、これからどんどん増税国家に日本の国になります」(松井代表)

チューリップテレビ