ここから本文です

ジャガーXJ史上最強!575馬力を誇る新型XJR575が登場!2018年モデル受注開始

10/13(金) 14:56配信

オートックワン

ジャガー・ランドローバー・ジャパは、ラグジュアリーサルーン「XJ」の2018年モデルを、2017年10月13日より受注を開始した。価格は1149万円~2069万円(消費税込)。

>>新型XJR575を写真でチェック!

XJ 2018年モデルでは、従来よりも大型化した10.2インチ静電式タッチスクリーンのインフォテインメントシステム Touch ProにInControlの通信機能を備えたプロテクトを標準装備し、緊急時にはスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールが利用できる。


また、コネクティビティ機能も強化し、通信が4G対応となり、最大8台の機器を接続することができるWi-Fiホットスポットによる高速インターネット環境を提供する(オプション)。

さらに、レーンデパーチャーウォーニング(車線逸脱警告)、レーンキープアシスト、ドライバーコンディションモニターなどの安全機能を全グレードに標準装備し、ジャガーのフラッグシップサルーンが誇るXJの快適性や安全性をより高めている。

ラインアップは、3リッターV型6気筒スーパーチャージドガソリンエンジンと5リッターV型8気筒スーパーチャージドガソリンエンジンの出力違いの計3種類に絞り、グレード体系は全6機種展開とし、最高出力575PS・最大トルク700Nm、0-100km/h加速4.4秒を発揮するXJ史上最もパワフルな「XJR575」を新たに追加した。

XJR575詳細

XJR575は、エクステリア、インテリアともに専用のデザインを多数採用している。

エクステリアでは、グロスブラック仕上げのリアスポイラー、サイドシル、フロントバンパー、ローワーエアインテーク、ツインボンネットルーバーのほか、レッドキャリパーを装着した20インチのファラロングロスブラックのホイール、SVO(スペシャル・ビークル・オペレーションズ)特別カラーのヴェロシティブルーとサテンコリスグレーのエクステリアカラーを選択できる。

インテリアでは、ソフトグレインレザーを採用し、ピメントステッチを施したエボニーもしくはエボニーステッチを施したアイボリーの2種類を用意している。さらに、トレッドプレートとダッシュボードにXJR575バッジを、フロント&リアのダイヤモンドキルトシートには専用の刺繍を配し、他のグレードとは一線を画している。

1/3ページ

最終更新:10/13(金) 14:56
オートックワン