ここから本文です

評判は上々! マクドナルド、フィンランドでビーガンバーガーを試験販売中

10/13(金) 12:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

先週、ファストフード業界を震撼させるようなニュースが発表された。マクドナルドがビーガン(完全菜食主義者)向けのハンバーガーの試験販売を開始したのだ。

【写真付き全文はこちら】評判は上々! マクドナルド、フィンランドでビーガンバーガーを試験販売中

新製品「マックビーガン」の試験販売は、フィンランドのタンペレでのみ実施される小規模なものだ。NBCのニュース番組Todayが報じている。販売期間は10月4日から11月21日まで。

しかし、限定的とはいえ、ファストフードの最大手がビーガン商品をテストすることは、植物ベースの食品を好む人、ファストフードが好きな人、どちらにとっても驚愕のニュースだ。

フィンランドに住む人々の一部はすでに、マクドナルドのビーガン・メニューを試し、ソーシャルメディアに写真を投稿している。

販売開始されてまだ間もないが、今のところ評判は上々のようだ。

「マクドナルドを20年以上ボイコットしてきたけど、新しい #mcveganを試さずにはいられなかった」とインスタグラムに投稿しているユーザーもいる。同ユーザーは「本当においしい」とコメント。

新商品を購入した別のユーザーは、「私好みで、なかなかおいしかった」と投稿した。

「パテの味は私があまり好きではないアナマ(Anamma)社のパテに似ていて、改良の余地はある。だけど、他の具材と組み合わせて食べると、今までに食べた中で最高のファストフード・ベジタリアンバーガーになる」

マックビーガンは、フィンランドの外でも大反響を呼んでいる。

中には懐疑的な人もいる。しかし、ベジタリアン(菜食主義者)とビーガン(完全菜食主義者)のほとんどは、マクドナルドが、小規模ではあるにせよ、この新バーガーの試験販売を開始したことを歓迎しているようだ。

ビーガン向けのビックマックが登場するのは、おそらくまだまだ先の話だろう。しかし、ファストフード業界では、ベジタリアンやビーガンの顧客ニーズに応えようという姿勢が強まりつつある。メキシコ料理のファストフード「タコベル」が良い例で、同社は2015年にアメリカン・ベジタリアン協会(American Vegetarian Association)認定商品の販売を開始している。


[原文:McDonald's is testing a vegan burger ー and some customers are calling it the 'best vegetarian burger' they've ever had (MCD)
(翻訳:Yuta Machida)

最終更新:10/13(金) 12:10
BUSINESS INSIDER JAPAN