ここから本文です

埼玉の味「ポテトチップス やきとん味」カルビーが11月発売 東松山で生産 知事「深谷ネギとも合う」

10/13(金) 10:30配信

埼玉新聞

 カルビーは12日、埼玉県東松山市の名物「やきとん」をポテトチップスの味に表現した「埼玉の味『ポテトチップス やきとん味』」を11月13日に発売すると発表した。47都道府県の「ご当地味」を再現するポテトチップス企画により実現。塩焼きにした豚カシラ肉と辛ミソだれの味わいが楽しめるポテトチップスとなっている。幅広い年齢層にPRし、消費喚起につなげる。伊藤秀二社長は「やきとんを思い出せる味を作れた。まずは埼玉の人に食べてもらい、県外の身内や友人にも紹介してほしい」と語った。

 この取り組みはカルビーが全国各地を盛り上げようと展開している運動「ラブ ジャパン」の一環。埼玉味の開発は、同社社員や県庁職員らが昨年9月から始めた。埼玉の味となった「やきとん」は、広く県民から親しまれるご当地食で、商品化した際にも県外の人からも評価されると判断し、採用した。

 やきとん味ポテトチップスは、ワークショップの上、試作や味見、試食会などを行い、作り上げた。塩焼きした豚のカシラ肉、辛ミソだれの双方の味わいを、うまく引き出した味に完成した。やきとん味ポテチは、東松山市にある同社の協力会社の工場で生産している。

 伊藤社長は12日、商品の完成報告のため、県庁に上田清司知事を訪ね、商品を贈った。試食した上田知事は「ビールと相性が良さそうだし、深谷ネギと一緒に食べてもおいしいと思う」と評価した。

 ご当地ポテトチップス企画は、福島県出身の伊藤社長の発案で、福島市と共同開発し、昨年の5~8月に福島県などで販売の「いかにんじん味」が大ヒットしたことから、全国展開を決めた。同社では地域限定商品の発売はあるが、全国一斉展開で、地元自治体や企業と共同で商品開発を行うのも初めてとなった。

 ポテトチップスは11月13日から関東、東北、甲信越のコンビニエンスストアで販売し、同27日からはコンビニ以外でも取り扱う。数量、期間限定。オープン価格(想定価格は、税込み120円前後)。

最終更新:10/13(金) 10:30
埼玉新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ