ここから本文です

ゼンハイザー、イヤホンのフラッグシップモデルが「IE800S」にマイナーチェンジ

10/13(金) 19:56配信

Stereo Sound ONLINE

専用のキャリングケース付き

 ゼンハイザーから同社イヤホンのフラッグシップモデルとなる「IE800S」が11月22日より発売される。価格はオープンで、想定市場価格は12万円前後となる。

【画像】プラグ交換のしくみ

 IE800Sは、IE800の後継モデルで外観を変更、コーポレートロゴの変更(青→黒)に合わせ、従来のグロッシー(光沢)ブラック塗装から、マット(艶消し)ブラックになった。

 ドライバーは7mm径のダイナミック型で、今回、サウンドは日本向けにチューニングを行なったといい、パワフルな低域と、クリアな中高域に焦点を当てた再現を狙っているのだという。

 新たにプラグ交換にも対応した。プレーヤー側のプラグには3.5mmステレオミニ、2.5mmバランス、4.4mmバランスの3種類が同梱されており、ケーブルの途中にある中継用プラグから先の部分を差し換えることで、プレーヤーに合わせたプラグに変更できる仕様となった。

 周波数特性は8Hz~41kHz(-3dB)、5Hz~46.5kHz(-10dB)で、従来機IE800と同等のハイレゾ対応。インピーダンスは16Ωで、専用キャリングケース、シリコンイヤーパットに加え、IE80Sと同じく低反発のCOMPLYフォームが同梱される(それぞれS、M、Lの3種類)。プラグ側ケーブルを合わせたケーブル長は約110cm。

Stereo Sound ONLINE

最終更新:10/13(金) 19:56
Stereo Sound ONLINE