ここから本文です

あいみょん「“青春”という言葉のズルさが、すごく好き」

10/13(金) 11:31配信

TOKYO FM+

この時代をどう楽しく生きていくのか? どうカッコ良く生きていくのか? あなたのこれからの毎日を変えてくれるかもしれないヒントを、RIP SLYMEがゲストとともに探求していくTOKYO FMの番組「RIP SLYME SHOCK THE RADIO」。そのなかで、ゲストに必ず聞く質問が「カッコイイ大人とは?」。
10月6日(金)の放送では、8月にリリースしたシングル「君はロックを聴かない」で大注目! 9月13日(水)にファーストフルアルバム『青春のエキサイトメント』をリリースしたシンガー・ソングライターのあいみょんさんが登場。「カッコイイ大人」について答えてくれました。

RYO-Z まずは音楽的ルーツからお聞きしたいなと思うんですけど、どういうきっかけで音楽に入っていくんですか?

あいみょん 私、お父さんが音響の仕事でPAさんなんですよ。

RYO-Z えっ!? そうなの!

あいみょん そうなんですよ。話によるとRIP SLYMEさんも1回やってるはずです……!

RYO-Z ホント!?

あいみょん 関西を中心にやっているんですけど。

RYO-Z ライブの音響さん?

あいみょん ライブです。

RYO-Z そうなんだ!

あいみょん ホンマに小ちゃい頃に、私、RIPさんのスタッフパスを貰っているんですよ。

RYO-Z え~!!

あいみょん それを私はエナメルバッグに貼っていたんですよ。

RYO-Z え~!!!

あいみょん お父さんが音響の仕事をやっているのがきっかけで、楽器が家にほとんど揃っていたというか……。

RYO-Z へぇ!

あいみょん その中で、お父さんはアコースティックギターが得意だったので、それを見ていてカッコイイなと思ったのが、ギターを持つきっかけにもなり。

RYO-Z 何歳くらいからギターを持つの?

あいみょん えっと、中学1年~2年の間です。

RYO-Z 早いな~早熟だなぁ。

あいみょん (笑)。そこから15歳くらいで作詞作曲を始めました。

RYO-Z 始めちゃうんだ! 早いな~!!(笑)。

あいみょん 始めちゃいました(笑)。

1/2ページ

最終更新:10/13(金) 11:31
TOKYO FM+