ここから本文です

マッチョ豚が話題!筋肉ムキムキのワケを緊急取材

10/13(金) 12:23配信

ホウドウキョク

ムキムキのルックスにビックリ。気になる正体を現地取材した。

あまり美味しくない筋肉ムキムキのマッチョ豚

遺伝子組み替え?安全性を疑問視…

カンボジアの東北部・バンテイメンチェイ州にある、のどかな農村。
緑豊かな農園で育てられているのが、筋肉ムキムキのブタだ。
その特別な見た目が今、物議をかもしている。脚のつけ根部分の筋肉が、特に発達していて、歩きにくそうにも見える。明らかに質感が違う。

通常の交配では、ここまでの筋肉はつかないとして、アメリカの動物保護団体は、遺伝子を組み替えたブタが飼育されていると強く非難。
ネット上でも、遺伝子組み換えかホルモン剤を打つなどしているのではないかと、安全性を疑問視する投稿が相次いでいる。
そこで、当の養豚業者であるキーライスンさんを訪ね、直接、話を聞いた。

「間違った報道はうれしくない」

キーライスンさんは、「掛け合わせで、筋肉ムキムキになったんです。ある種のオスの種をメスに掛け合わせたんです。間違った報道はうれしくないです。意見も聞かず、事実ではないことを報道されたので」と話し、ブタは、あくまで、掛け合わせで生まれたものだったと強調した。

遺伝子操作疑惑については、そもそも家族経営の農場だったため、その技術はなかったと否定した。
このマッチョブタは、筋肉こそ多いものの、食べると筋が多く、あまりおいしくはないという。

最終更新:10/13(金) 12:23
ホウドウキョク