ここから本文です

バルサの今季予算 サッカー史上最高額の1192億円!宿敵マドリーも欧州2位

10/13(金) 11:58配信

SPORT.es

リーガ・エスパニョーラで最も多額の予算を誇るのはレアル・マドリードとFCバルセロナである。
今季はバルサがマドリーを大きく引き離し、サッカー史上でも最高の8億9,700万ユーロ(約1,192億円)という金額に到達した。

欧州の強豪クラブではバルサに続いてレアル・マドリードが6億9,030万ユーロ(約917億円)で第2位、続いてマンチェスター・ユナイテッドが6億5,500万ユーロ(約870億円)で第3位につけている。

予算のランキングを全体的に見てみると、引き続きプレミアリーグのクラブが他の国のクラブよりも多くの予算を有しているのが分かる。

スペインではマドリーとバルサの他に、アトレティコ・マドリーが3億4,300万ユーロ(約455億円)でトップ15にランクインしている。

欧州のクラブの予算ランキングは以下の通り。
1.FCバルセロナ-8億9,700万ユーロ(約1,192億円)

2.レアル・マドリード-6億9,030万ユーロ(約917億円)

3.マンチェスター・ユナイテッド-6億5,500万ユーロ(約870億円)

4.バイエルン・ミュンヘン-5億7,000万ユーロ(約757億円)

5.マンチェスター・シティ-5億4,800万ユーロ(約728億円)

6.PSG-5億4,000万ユーロ(約717億円)

7.ユベントス-5億ユーロ(約664億円)

8.チェルシー-4億7,200万ユーロ(約627億円)

9.アーセナル-4億1,700万円(約554億円)

10.ボルシア・ドルトムント-4億円(約531億円)

11.リバプール-3億6,100万ユーロ(約479億円)

12.アトレティコ・マドリード-3億4,300万ユーロ(約455億円)

13.トッテナム-2億8,800万ユーロ(約382億円)

14.ACミラン-2億6,300万ユーロ(約349億円)

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:10/13(金) 11:58
SPORT.es

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合