ここから本文です

【映像】昔ながらの木製クラブ使用 英でヒッコリーゴルフ世界大会

10/13(金) 16:18配信

アフロ

 英スコットランド・アバレディで10月3日から2日間、昔ながらのゴルフクラブを使用するヒッコリーゴルフの世界大会が開催された。
 
 ヒッコリーゴルフとは、1936年以前に主流であったヒッコリーの木を材料としたゴルフクラブを使用し行われるもので、出場者の多くが20世紀初頭のクラッシックスタイルで参加する。また、ゴルフバックを自ら担いでラウンドする。
 
 大会は歴史のあるゴルフ場で2005年から開催されており、今回のキルスピンディー・ゴルフクラブは世界の古くからあるゴルフコース50選に選ばれるほどだ。

 今大会は強風が吹く悪条件となったが、終始和やかに進行し、元ヨーロッパツアープレイヤーで地元出身のプロゴルファー、フレイザー・マン(57)が初日71、最終日70のスコアで優勝した。

(イギリス、スコットランド、2017年10月3日-4日 映像:HUTC/AFLO)

最終更新:10/13(金) 16:18
アフロ

Yahoo!ニュースからのお知らせ