ここから本文です

セクハラ行為を謝罪したベン・アフレックに新たな告発!

10/13(金) 21:40配信

ELLE ONLINE

発端はベン・アフレックがハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ行為についてツイートしたこと。アフレックは映画『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』でワインスタインと仕事をしている。

イタすぎる兄弟、ケイシー&ベン・アフレック。“ゴシップ・オスカー”はどちらの手に?

「悲しく、怒りを覚えます。僕がかつて一緒に仕事をした人が、力のある地位を使って何十年にもわたって多くの女性を脅して怖がらせ、性的に嫌がらせをして操っていました」と怒りを露わに。「これはまったく受け入れられないことです。これが他の人が絶対にこういう目に合わないようにするために、何か自分にできることがないかと自分に問いかけました。私たちは自分たちの姉妹、友人、同僚、娘たちを守るためにもっと行動する必要があります」と訴えていた。

でもこれに批判が殺到! まず「アフレックもかつてヒラリー・バートンの胸を掴んだ。みんな忘れてない」というツイートが浮上、アフレックが2003年にテレビ番組「トータル・リクエスト・ライブ」で女優のヒラリー・バートンと共演したとき、カメラの前でセクハラをしていたことを暴露した。

これを受けてヒラリーも「私も忘れていません」「思い出させてくれてありがとう。私は当時子どもだった」とコメント、番組でベンが胸を掴むシーンのクリップをツイートした。

アフレックはこれに反応。すぐに「私はバートンさんに不適切な行為をしました。心から謝りたい」と謝罪をツイートした。

潔く罪を認めたアフレックに賞賛の声が、と言いたいところだけれど、なんと新たな告発が。メイクアップアーティストのアナマリー・テンドラーが「2014年のゴールデングローブ賞のパーティで私のお尻を掴んだベン・アフレックに、私も謝罪してほしい」とツイート、当時の様子を生々しくツイートした。さらに「こういう状況に直面した多くの女性がそうであるように、私は何も言いませんでした。でも私は再び彼と顔を合わせたときに、なんて言おうかとずっと考えていました」とも。アフレックはまだこの告発には反応していない。

ワインスタインへの告発をきっかけに、ハリウッドにおける様々な性暴力が明らかになっている。アフレックの反応も含め、続報に注目したい。
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:10/13(金) 21:40
ELLE ONLINE