ここから本文です

大学王座 女子決勝は早稲田と筑波、2年連続同一カードに<女子テニス>

10/13(金) 12:57配信

tennis365.net

全日本大学対抗テニス王座決定試合

大学テニスの日本一を決める全日本大学対抗テニス王座決定試合(東京/有明テニスの森公園、ハード)は12日、女子準決勝が行われ、第1シードの早稲田大学(関東第一代表)と第2シードの筑波大学(関東第ニ代表)が決勝進出を果たした。

【大学王座 2016年女子結果一覧】

準決勝2試合の結果は以下の通り。

(1)早稲田大学 4-1 (3)関西大学

D1:上唯希/ 大矢希 4-6, 6-0, 6-4 越野菜摘/ 大野菜々子
D2:細沼千紗/ 清水映里 2-6, 6-0, 7-6 (7-3) 佐野結花/ 鈴木麻緒

S1:清水映里 6-2, 6-3 越野菜摘
S2:細沼千紗 6-2, 6-4 沈清河
S3:上唯希 6-1, 4-6, 3-2ret 橘彩音

(2)筑波大学 5-0 (4)大阪教育大学

D1:米原実令/ 森崎可南子 6-4, 6-4 田中千愛/ 清水梨沙
D2:並木友花/ 牛島里咲 7-5, 6-4 井手梨香子/ 浦上喜帆

S1:牛島里咲 6-2, 6-2 井手梨香子
S2:森崎可南子 6-1, 7-5 浦上喜帆
S3:岩井真優 6-3, 6-4 田中千愛

今大会は各地区予選を勝ち抜いた10校で争われ、ダブルス2本、シングルス3本の計5本勝負。

昨年の全日本大学対抗テニス王座決定試合では早稲田大学が筑波大学を破って11年連続12度目の優勝を飾った。

13日に行われる予定だった女子決勝は、雨による悪天候のため順延となった。

tennis365.net

最終更新:10/13(金) 12:57
tennis365.net