ここから本文です

パンストをかぶり、蚕も食べる!SKE48須田亜香里のバラエティ力にフジモンも感動

10/13(金) 16:01配信

AbemaTIMES

 SKE48の須田亜香里が顔面にパンストをかぶったり、虫を食べるなど、現役アイドルには見合わないバラエティ力を見せつけた。

 これは、お笑いコンビ・FUJIWARA藤本敏史の冠番組『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』でのこと。同番組は万が一、フジモンが不祥事を起こして芸能界を追放されても後悔しないためにゲストがフジモンとやっておきたい10のことを叶えていくというバラエティ。この日のゲストには須田のほか、タレントの鈴木奈々、ぺえ、元AKB48の西野未姫がいた。

 番組前半、鈴木は「フジモンさんと顔面パンスト綱引きがしたい!」とリクエスト。ルールはパンストが脱げたら負けというもので、第一回戦は須田と西野が対決。勝者が二回戦で鈴木と戦い、さらに勝者が決勝で藤本と戦うという流れだ。

 パンスト綱引きに挑戦するのは今回が初という須田だが、嫌がるそぶりも見せずパンストを受け入れる。結果は力任せに引っ張った西野の勝利となったが、パンストが脱げた際にもカエルのようにずっこけるなど、「総選挙6位」には見合わないバラエティ力を見せつけた。

 さらに、須田はその後のリクエスト「フジモンさんとロシアンたこ焼きがしたい!」では蚕入りのたこ焼きを引き当て、まさかのごっくん。飲み込んだ後に、正解が発表されると須田は崩れ落ち、「キャーー!!」と本気の悲鳴をあげた。

 これはバイきんぐの小峠も食べられなくて泣いたという代物で、「これ初めてちゃう?一匹食べたの」と藤本も感動。バラエティの先輩である鈴木も感動し、「辛いことがあると、いいことも起きるから!」と励ましていた。

 これで須田の昆虫食へのハードルが下がったのが、西野が引き当てたたこ焼きの中身・ワーム(バスをつる際のエサとして使われる虫)のフライもポリポリと実食。「スナック菓子」「カリカリしている」と余裕の表情を見せ、共演者たちを驚かせていた。

 ちなみに、蚕をぺえも実食。「バラエティやってるんだったら虫とかも食べなきゃいけないから!」と鈴木から励まされ、たこ焼きとしてではなく蚕そのものをガブリ。「美味しい?」と聞かれ、「美味しいわけない」「地獄なんだけど!」と嘆いていた。

(AbemaTV/『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』より)

最終更新:10/13(金) 16:01
AbemaTIMES