ここから本文です

アンチも黙る“神”のプレー、エクアドル戦後には批判から賞賛へ

10/13(金) 17:30配信

SPORT.es

メッシの妹までがSNSでこのジャーナリストと喧嘩をしたことがあるリーベルマンがメッシを称賛。

世界最高の選手レオ・メッシであるが、故郷のアルゼンチンでは代表チームの低迷により批判を受けたこともあった。しかしながら先日エクアドル戦での神がかり的なプレーが、これまでアンチメッシだった人々の心をも動かした。
ジャーナリストのマルティン・リーベルマンはFCバルセロナで活躍しながらアルゼンチン代表でゴールを決めないと、常にメッシに対して批判的なコメントをしてきた。
またメッシの妹に対しても侮辱的なコメントをするなどしていた。
エクアドル戦の数時間前にもリーベルマンはメッシを批判していたが、試合後には打って変わったようにメッシを称賛しだした。

「私はいつもメッシに昨日のようなプレーをしてほしいと思っていた。世界最高の選手であるならば、昨日したようなプレーをして代表チームを救ってほしい。」
このように語りながらも最後には尊大な態度を隠せず、「人々が言うことなど気にしない。私はジャーナリストで正真正銘のサッカーファンだ。誰よりも本物のアルゼンチン人だ」と豪語した。

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:10/13(金) 17:30
SPORT.es

スポーツナビ サッカー情報