ここから本文です

いよいよCS開幕 藪恵壹氏が占う「阪神にとってDeNAは一番嫌な相手」

10/13(金) 13:21配信

Full-Count

今季甲子園で無敗のDeNA今永、ウィーランド、濱口の先発トリオ

 日本プロ野球は10月10日にペナントレース全日程を終え、14日からクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージが幕を開ける。パ・リーグは2位西武と3位楽天がメットライフドームで、セ・リーグは2位阪神と3位DeNAが甲子園で対戦する。

各球団発表、2017-2018年の引退、戦力外、自由契約一覧

 ファーストステージは3試合制で行われ、勝利数が多いチームがファイナルステージへコマを進める。ただし「1勝1敗1分」あるいは「0勝0敗3分」と勝敗が五分になった場合は、レギュラーシーズン2位のチームが勝ち抜けるアドバンテージを持つ。そのため、2位は2勝もしくは1勝1分で勝ち抜けが決まるが、3位は2勝が必須条件となる。

 OBとして、解説者として、今季の阪神を間近で見続けてきた藪恵壹氏は、「今、阪神にとってDeNAは一番嫌な相手じゃないですかね」と話す。

「巨人が来るよりDeNAが嫌だと思いますよ。特に、甲子園では今永、ウィーランド、濱口がいい。打線を見ても、ロペス、筒香、宮崎と並ぶ。しかも、1番を打つ桑原も長打もあるし、嫌な打者ですよね。今季の対戦成績は、14勝10敗1分で阪神が勝ち越してはいるものの、最後に甲子園で2連敗しているし、決して印象はよくないと思います」

 藪氏が指摘する通り、DeNAがCSで先発起用するであろう今永、濱口、ウィーランドは、3人合わせて今季甲子園で7試合を投げたが、6勝無敗と負けなしだ。特に、今永は3試合で3勝無敗、防御率0.48と相性抜群。ウィーランドも2戦2勝で防御率1.76の成績を誇る。

 阪神のチーム打率を見ても、今季甲子園のDeNA戦は打率.212と打ちあぐね、セ5球団で最も苦手としていることが分かる。主軸の成績を見てみると、福留はウィーランドに対して5打数無安打、今永は9打数2安打、糸井はウィーランドに4打数無安打、今永に8打数2安打の成績。鳥谷は両者に対してそれぞれ打率.333と健闘しているものの、大山もウィーランドには無安打に封じ込められている。

 対戦成績は、阪神が14勝10敗1分で勝ち越していながら、甲子園に限定すると6勝7敗で1つ負け越し。阪神は敵地でのDeNA戦は圧倒的な強さを見せるが、本拠地では苦労する傾向にあるようだ。

1/2ページ

最終更新:10/13(金) 17:37
Full-Count

スポーツナビ 野球情報