ここから本文です

ビジネス向けチャット「スラック」を使いこなせ

10/13(金) 14:57配信

ウォール・ストリート・ジャーナル

――筆者のジョアンナ・スターンはWSJパーソナルテクノロジー担当コラム二スト

***

 職場のコミュニケーションの未来は「Slack(スラック)」にある。ドーナツの差し入れが届いたら即座に通知され、数秒後には証拠となるドーナツの写真が届き、それを見た人たちから絵文字のリアクションやGIF画像が送られてくる。

 スラックはオフィスで井戸端会議を楽しむ人たちにとって、冷水器の登場以来、最もうれしい出来事だ。まだ知らない人たちのために説明しておくと、スラックとはグループやプライベートメッセージを介して同僚同士でコミュニケーションできるオフィス向けのメッセージサービスだ。

 おやつの通知を受け取れるのも確かに便利だが、スラックは年度末の報告書や販売に関するプレゼンテーション、ウォール・ストリート・ジャーナルの記事や動画などを共有するのにも有用なプラットフォームだ。話題の内容ごとにチャンネルを作り、そこを介して組織内の小グループで協働することができる。最近、外部との連携機能も追加された。これによって別の組織のメンバーもチャットに加えられる。

 デーリー・アクティブ・ユーザー(DAU)が600万人を超えるスラックは、文字中心の電子メールと時間を食う会議との隙間を埋めるツールだ。ただし、それは使い方をマスターできればの話だ。スラックは操作が多少厄介だ。そこで、デスクトップとモバイル双方のアプリを最大限に活用するためのコツやショートカットを紹介する。

通知を管理する

 ソーシャルメディアの通知については以前、オフにすることをお勧めしたが、スラックは別だ。スラックでは通知を非常に幅広く制御できるため、オフにするのではなく、カスタマイズするといいだろう。

 モバイルアプリでは「Settings(設定)」→「Notifications(通知設定)」を選択。デスクトップアプリでは、左上の下向き矢印をクリックし、さらに「Preferences(環境設定)」→「Notifications」をクリック。筆者はグループチャットでは新規メッセージが受信されるたびに通知するのではなく、ダイレクトメッセージのほか、キーワードや筆者の名前が含まれているメッセージだけを通知するよう設定している。キーワード(ニックネームや顧客名など)は同じパネルで指定できる。

 全てのメッセージの通知を受け取りたい重要なグループチャットがある場合は、デスクトップアプリではそのチャットウィンドウを開き、歯車アイコンを選択し、通知設定をクリックする。モバイルアプリではチャットヘッダーをタップすれば設定画面に移動できる。そこで全ての新規メッセージ(または自分の名前が含まれたメッセージ)の通知を受け取れるよう指定し、通知をモバイルとデスクトップのどちらに表示するか、または両方に表示するかを選択できる。

 スラックは初期設定では、デスクトップアプリが2分以上アクティブでない場合を除き、スマホには通知が送信されないようになっている。しかしこれは「Settings」→「Notifications」→「Notify Me on Mobile(モバイルに通知)」で変更できる。

重要なチャットを探す

 スラックを数カ月使用していると、ダイレクトメッセージやチャンネルリストはハリウッドの連続ドラマ並みに長くなる。

 そんなときデスクトップアプリで最も簡単に必要なものを見つけるには、どうすればいいのか? まずパソコンのキーボードで「Ctrl + K」、マックの場合は「command + K」を押す。これでクイック検索メニューが呼び出されるため、そこに名前やグループの最初の文字を入力すれば、探している対象を素早く見つけられる。スラックのその他の有用なキーボードショートカットの一覧を表示させるには、「Ctrl + /」(マックの場合は「command + /」)を押せばいい。

 重要なチャットにはスター機能で星印をつけ、連絡先リストの最上部に表示されるようにしておくこともお勧めする。モバイルでは連絡先やグループを選択し、画面ヘッダーをタップすれば、右上にスター機能の星印が表示される。デスクトップでは、星印はチャットメッセージの左上にある。

メッセージを使いこなす

 メッセージにひと工夫加えてこそ、スラックの本当のプロと言える。そのためには以下の手軽な裏技を覚えておくといいだろう。

・書式を設定する:文字を太字にするには、単語や句の両側に「*」をつける。斜体にするには「_」を、取消線を引くには「~」を使用する。

・GIFを添付する:「/」を入力(モバイルアプリの場合は「/」ボタンをタップ)し、「gifs」と入力(最後のsを忘れないように)したあとに続けて単語や句(「funny face(変顔)」など)を入力する。するとGIFの選択候補が表示されるので、そこから選べばいい(チャットウィンドウで「/」を入力すると他のショートカットも表示される)。

・絵文字で返答する:全てに文字で返事をする必要はない。デスクトップではメッセージにマウスポインタを合わせ、小さな絵文字アイコンを選択する。そこで使いたい絵文字をクリックすれば、絵文字がフェイスブックの「いいね!」のようにメッセージの下に表示される。モバイルでは、メッセージをタップすれば絵文字アイコンが表示される。

・オリジナルの絵文字の作成方法など、その他の裏技については冒頭の動画を参考にしてほしい。

 最後に注意が必要な裏技を1つ。グループチャットで「@everyone」または「@channel」と入力すると、チャンネルのメンバー全員に通知が送信される。これは重要な話題について全員の注意を集めるには便利だが、おやつの差し入れに使うべきかどうかは気をつける必要がある。

By Joanna Stern