ここから本文です

20年11カ月ぶりの2万1,000円台回復

10/13(金) 21:05配信

ホウドウキョク

東京株式市場は、20年11カ月ぶりの、2万1,000円台を回復した。
13日の東京市場は、ニューヨーク市場で最高値を更新していた、ダウ平均株価が反落したほか、当面の利益を確保するための売りが出た。
その後は、12日発表されたファーストリテイリングの決算が好調だったことなどから、企業業績の改善を期待する買い注文が入ったのに加え、外国人投資家の買いも広がり、日経平均株価は、12日に比べて、200円46銭高い、2万1,155円18銭で取引を終えた。
終値としては、20年11カ月ぶりの高値。

・テレビ局の素材で「20年11カ月ぶりの2万1,000円台回復」を見る

最終更新:10/13(金) 21:05
ホウドウキョク

Yahoo!ニュースからのお知らせ