ここから本文です

覚醒剤など使用し変性意識状態で性的行為

10/13(金) 7:48配信

日刊スポーツ

 ものまねタレント清水アキラ(63)の三男、タレント清水良太郎容疑者(29)が覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで警視庁目白署に逮捕されたことが12日、分かった。東京・池袋のラブホテルで風俗嬢が「薬物を飲まされた」と110番し発覚。当初否認したが後に容疑を認め、尿検査で陽性反応が出た。薬物を使用しながら性行為をしようとした疑いもある。

【写真】清水容疑者キメセク疑い「薬飲まされた」風俗嬢通報

 覚醒剤や違法薬物、危険ドラッグなどを使用し変性意識状態で性交などの性的行為をすると強い快感を得られる場合がある。1度してしまうと薬物なしの性行為ができなくなる恐れがあり、副作用により体調に深刻な異変が生じることもあるとされる。ネット上でそういった相手を求める行為が横行したり、女性への強制わいせつ目的で使用する男もおり、問題化している。風俗店関係者は「(派遣型風俗店の)デリヘルで、ホテルで男性客から薬物を使ったプレーを勧誘されたことがある風俗嬢は多いと思う」と証言した。

最終更新:10/13(金) 19:51
日刊スポーツ

Yahoo!ニュースからのお知らせ