ここから本文です

『刑事ゆがみ』浅野忠信の“アウトロー感”に反響 “大人”神木隆之介の姿に「新鮮」の声

10/13(金) 11:40配信

クランクイン!

 俳優の浅野忠信と神木隆之介が共演するドラマ『刑事ゆがみ』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の初回が12日に放送され、ネットでは「少し癖の強い王道バディものなんだけど、バランスが新しく面白い」「浅野さんのしぶしぶな演技と大人になった神木君が新鮮」と2人のコンビ感を絶賛する声が寄せられた。

【関連】『刑事ゆがみ』完成披露試写会フォトギャラリー


 『ビックコミックオリジナル』連載中の井浦秀夫の同名コミックを実写化した本作は、“犯罪者の心が読める偏屈刑事”と“正義感と上昇志向が強い腹黒刑事”の凸凹バディが難事件を解決していく姿を描く刑事ドラマ。浅野演じる弓神適当は人の心に潜む闇を観察し、違法捜査も厭わない手法で事件を解明に導く野性味溢れるベテラン刑事。一方の神木は、そんな弓神に振り回される成績優秀で真面目な後輩刑事・羽生虎夫を演じている。

 初回冒頭は取調室で対峙する弓神と羽生のシーンからスタート。羽生が厳しく弓神を追求するものの、弓神は自力で手錠を解錠、そして弓神と羽生は激しい殴り合いに発展する。羽生が辛くも弓神を取り押さえたところで同僚刑事が取調室に入ってきて、それが“模擬取り調べ”だったとわかる意外な幕開けに。第1話では女子大生の死とその背景にある痴漢騒動の顛末が描かれ、ゲストとして、俳優の岡田義徳、女優の大後寿々花、女優でグラビアアイドルの小倉優香らが出演した。

 民放連ドラ初主演となる浅野が万年ヒラの天才刑事を破天荒に演じると、初の刑事役となる神木が激しいツッコミで応戦。初回放送から浅野・神木の名コンビぶりが描かれた。

 放送後には、SNSにて「浅野さんがすごくいい。アウトロー感というかいい加減さがよく似合う」「久しぶりに破天荒な刑事ドラマで楽しかった」「神木くんが真面目をこじらせてる感じで面白い」といった反響や、早くも「刑事ゆがみ映画化して欲しい」との声も寄せられている。

最終更新:10/13(金) 11:40
クランクイン!