ここから本文です

あの人のお宅拝見[5] 藤原和博校長「家は生活の舞台」、著書『建てどき』から築17年の自邸を振り返る

10/13(金) 8:00配信

SUUMOジャーナル

東京都の公立中学初の民間校長として、杉並区立和田中学校校長を務めた藤原和博さん(2003-08年)。著書『建てどき』(2001年 情報センター出版局※1)で、自宅を新築する過程には子どもたちにとって学びの機会が沢山あることを気付かせてくれた。その家も17年を経て、家族のライフスタイルが変わり、どうなっているのか?

現在は奈良市立一条高校校長として奈良市在住。夏休みで東京の自宅に帰省中の藤原先生を訪ね、住宅にも一家言もつ教育改革実践家の”藤原節”を聞いてきました。

連載【あの人のお宅拝見】
住宅業界に関わり四半世紀以上のジャーナリストVivien藤井が、暮らしを楽しむ達人のお住まいを訪問。住生活にまつわるお話を伺いながら、住まいを、そして人生を豊かにするヒントを探ります。

■藤原流のデザイン・コード、純和風ではない”ネオ・ジャパネスク”

実は藤原和博さんと筆者は、元リクルート社の先輩後輩。筆者が編集長であった住宅雑誌「月刊HOUSING」の創刊に携わっていた大先輩。なので、住宅に精通した学校経営者なのである。︎ 何事にも独自の流儀をもった言動は周りの人を魅了し、著書『建てどき』を読んで真似をしたという人が筆者周辺にもいる。

その本の題材となったご自宅が、こちら。【画像1】は新築当時の外観写真。

藤原さんはなぜか時計やバッグもプロデュースしているのだが、一貫して純和風ではない日本的デザイン”ネオ・ジャパネスク”が藤原流のデザイン・コード。そして17年後の現在は【画像2】、このような趣になっている。撮影時、夏冬の違いがあるものの、緑豊かになった外構によって重厚感が増していた。

この17年間で最も大きな変化? 家族の一員として増えた”愛犬ハッピー(12歳)”と、玄関で出迎えてくれた藤原さん。

藤原邸の玄関アプローチは、門扉から玄関ドアまでが長く深い庇(ひさし)で覆われている。雨風をしのぐ合理性と、訪問者を奥へ奥へと導くドラマ性を兼ね備えたつくり。

■コンセプトは『美術館に住む』、好きなものに囲まれて暮らす豊かさ

玄関を入って、部屋に向う廊下には印象的な絵が続き、その先へと誘われる。

「絵が沢山ある家じゃなくて”美術館に住む”って考え方、イイだろ?」

確かに、日常がクラスアップするイメージ。至る所に飾られた絵には、立派な額装とライティングが施されていた。

どうも話を伺っていると、狩野派の血を引く藤原さんの物欲は”絵”にあるようで「実はこの家も、この絵を飾りたいが為に建てたようなものなんだよ(笑)」と、紹介してくれたのはスペイン最後の宮廷画家で”20世紀最後の印象派”とも言われるホアキン・トレンツ・リャドの絵。33歳の時、一目ぼれしてどうしても欲しくなり、友人に大! 大! 借金をして購入したが、飾る場所が無くて温存していた絵だそう。

「このリャドの弟子で、スペイン在住の神津善之介(中村メイコの息子さん)の絵も好きなんだ。マンション用に水墨画の掛け軸風で描いてもらった絵もあるんだけど、この場所にピッタリだったのがコレ!」と、2階への階段踊り場を案内してくれた。

広いトイレにも絵。住生活の豊かさには、こういう日常の場こそ大切であることを知っている人の家だ。

そのトイレには、アートな洗面ボウルが使われていた。妻のかおるさんが「焼き物市で出会った作家に創ってもらったの」と、常滑焼の洗面ボウルだ。
17年前は、まだ既製品に和物の陶器が見当たらなかった。洗面用ではない陶器に穴を開けてビルトインしたものだが、17年間健在の温もりある質感は焼き物の良さだ。

「絵を買い始めたのは20代後半、ヒロ・ヤマガタのシルクスクリーンからだけど、まだ無名作家の気に入った作品を買って、その成長を見るのも楽しいね」

この”永福町美術館”(藤原邸@杉並区永福町)には50点ほどが展示されているが、もう壁のスペースがないのでこの10年は増えていないそう。

■17年住んで、良かった家の工夫。マンションでも賃貸でも実践中

藤原邸で目を引くのは、ほかであまりお目にかかることのない空調。放射冷暖房システム(ピーエス工業製)は、冷水・温水をパイプに循環させ自然で柔らかな空気によって冷暖房を行う仕組み。

撮影日は真夏の猛暑日、パイプ内を15℃の冷水が循環しヒンヤリした空気を感じることができた。

「この大黒柱も、子育てには大活躍だったよ!」と、構造上必要な大柱を「どうせなら遊べるように」と敢えてリビングダイニングの中心に据えた。天井まで登ったり下りたりと、子どもたちだけでなく、その友達にも大人気だったようで今もツルツル。

「家づくりで実感したのは、基本構造はシンプルであるほうが良い。間取りも小割りせず、リビングルームもつくらず和室を活用したのが良かった」と、振り返ってくれた。
藤原邸で最も正解だったと力説するのが、この”40cm高さを上げた和室”。

「和室は子どもの遊び場だったり、親父のくつろげる場だったり。大学生の子どもの友達なんかは皆ここで雑魚寝」

当然、昔ながらに暮らしのハレの場として、お正月やお節句にも大活躍。友人である建築家・隈研吾さんからも「あえて洋室と和室の段差をつけたことで、能舞台のように上手くつながったね」と称賛されたそう。

畳の下を収納にすれば、狭い日本住宅にはとても合理的。このアイデアは、後に藤原さんがデザインしたコーポラティブ方式によるマンション「羽根木の森レジデンス」にも採用(SUUMOジャーナルで2013年に取材した記事はこちら)。

「今、入居者募集してるんだけど、あなた住んでみる?」って……月25万円で募集されていた。︎※2

その上、現在お住まいの賃貸戸建にも
「入居するとき、家主さんにお願いして和室を40cm床上げさせてもらった。15万円自己負担で!」、という実践ぶり。実は奈良には藤原さんのご両親を連れての、単身ならぬ親子赴任中。「シニアや車椅子にとっても、40cm高の和室は有効なんだよ。中途半端な敷居にはつまづくけど、これならしっかり腰かけられるからね」

■子どもの成長、ライフスタイルの変化… 家族を育む生活の舞台

ダイニングに面した庭に、木製デッキと藤棚。ここは入居5年後に加わった愛犬ハッピーの居場所。

「藤を植えてもずっと花が咲かなかったので、藤棚を上部につくったら3年目でやっと花が咲いたの」とかおるさん。外構の垣根の手前に木製フェンスを設けた事で、ナチュラルな縦横のラインが外からの視線を優しく遮り、都心と思えぬリゾート感。

子ども部屋は2階。ワンルームを収納間仕切りで区切る方法で、個室はつくらなかった藤原邸。
「思春期の子どもたちからは不評でしたよー!」とかおるさん。家族の存在をたっぷり感じながら育った3人も、今は立派に独立したりと家族構成は徐々に変化している。

「ロンドン・パリ住まいをリクルート時代に経験させてもらったことで、住生活のクオリティに対する意識が高まったね」。ヨーロッパでは家族ぐるみで家に招いたり招かれたりと、家での時間を大切にするライフスタイルだったよう。

リクルート時代も特別扱い(笑)の自由人だったから、2年半ヨーロッパで過ごした藤原さん。幼い長男と3人家族で赴任し、次男・長女が増えて5人で帰国したという駐在生活。現地での充実した暮らしぶりがうかがえる。

60歳を過ぎてから奈良へご両親を連れて赴任し、新たな仕事へ挑戦し続ける藤原さんに驚かされるばかり。合間に執筆した著書は計78冊(2017年8月現在)総部数で138万部。

「野球の3割バッターくらい頑張ってるけど、時には振り逃げなんかもあったりして(笑)」

筆者とはテニスで一戦を交える仲間でもあり、先日はペアを組んでのダブルス1勝。何事も本気で取り組み、本気で楽しむ藤原さんの暮らしぶりは「人生の教科書」そのものだった。

藤原和博
教育改革実践家/『人生の教科書[家づくり]』※1著者
1955年東京生まれ。東京大学経済学部卒業後、株式会社リクルート入社。新規事業担当部長などを歴任後、1993年よりヨーロッパ駐在、96年同社フェローとなる。2003年より5年間、都内では義務教育初の民間校長として杉並区立和田中学校校長を務める。2008~2011年橋下大阪府知事特別顧問。14年武雄市特別顧問、2016年春から奈良市立一条高校校長に就任。奈良市で92歳(要介護3)の父と86歳の母と同居中。

藤原和博のデザインワーク「よのなかnet」

※1 『建てどき』は、2005年「人生の教科書[家づくり]」として筑摩書房から文庫化
※2 羽根木の森レジデンス 205号室(SUUMO賃貸)

藤井繁子

最終更新:10/13(金) 8:00
SUUMOジャーナル