ここから本文です

インディカー:2018年のレーススケジュールが発表。ポートランドが新たに加わる

10/13(金) 4:51配信

オートスポーツweb

 インディカー・シリーズが2018年のレーススケジュールを発表。ワトキンス・グレンの代わりにポートランド・インターナショナル・レースウェイが加わり、全17戦で開催される。

 9月にソノマで最終戦を終えた2017年のインディカー・シリーズは、10月12日に2018年のカレンダーを発表した。

 2018年からはダラーラが開発したユニバーサルエアロキットが導入されるインディカー・シリーズ。現在は開発テストが進められ、来年から各チームへとデリバリーされるエアロキットは、より多くのバトルが増加されエキサイティングなレースが行われると期待されている。

「2018年スケジュールの強みと一貫性に我々は誇りに思わなければならない。また、ユニバーサルエアロキットの導入によってシリーズが上昇していくことを楽しみにしている。テストではよりエキサイティングになると示されている」とインディカー・シリーズCEOであるマーク・マイルズは語る。

 2017年同様に2018年は全17戦で開催される。ストリートレースは、開幕戦の舞台となるセント・ピーターズバーグをはじめ5戦。ロードコースは、ロード・アメリカやミド・オハイオといったアメリカ伝統のサーキットに加え、新たにポートランド・インタナショナル・レースウェイでのレースを含む6戦が予定。

 オーバル戦は、第102回インディアナポリス500マイルレースを含むスーパースピードウェイが3戦、ショートオーバルが3戦と2017年同様に計6戦がスケジュールされた。

 また、開幕前の公式テストはフェニックス・レースウェイで2月9、10日に行われる予定だ。

 ザ・グレンの代わりにカレンダーに加わったポートランド・インタナショナル・レースウェイは、1984年から2007年までCARTやチャンプカーを開催。久々にカレンダーに加わり、アメリカン・オープンホイールのトップレースが行われる。

「熱狂的なファンの前で再びレースを開催することに興奮を抑えることができない。インディカーの歴史を通して、ポートランド・インタナショナル・レースウェイはスリリングなロードレースを生み出してきた。1997年にはロード/ストリートで最も接近したレースフィニッシュのレコードを持っている。そして、その記録が新しくなるのは2018年になるだろう。ファンが見逃したくないレースになると期待している」とマイルズはコメントしている。

■インディカー・シリーズ2018年カレンダー

ラウンド/開催日/開催地/コース
1/3月11日/セント・ピーターズバーグ/ストリート
2/4月7日/フェニックス・インタナショナル・レースウェイ/オーバル
3/4月15日/ロングビーチ/ストリート
4/4月22日/バーバー・モータースポーツパーク/ロードコース
5/5月12日/インディアナポリス・モータースピードウェイ/ロードコース
6/5月27日/インディアナポリス500マイルレース/オーバル
7/6月2日/デトロイト/ストリート
8/6月3日/デトロイト/ストリート
9/6月9日/テキサス・モータースピードウェイ/オーバル
10/6月24日/ロード・アメリカ/ロードコース
11/7月8日/アイオワ・スピードウェイ/オーバル
12/7月15日/トロント/ストリート
13/7月29日/ミド・オハイオ・スポーツカー・コース/ロードコース
14/8月19日/ポコノ・レースウェイ/オーバル
15/8月25日/ゲートウェイ・モータースポーツパーク/オーバル
16/9月2日/ポートランド・インタナショナル・レースウェイ/ロードコース
17/9月16日/ソノマ・レースウェイ/ロードコース


[オートスポーツweb ]