ここから本文です

キイジョウロウ最後の公開 すさみ町、丹精込めた6500株

10/13(金) 17:01配信

紀伊民報

 和歌山県すさみ町太間川の堀野光男さん(84)は、自宅近くに自身が造った園地で育てているキイジョウロウホトトギス(ユリ科)の公開を今年で終える。これまでの来園者の存在が支えになったと感謝する一方、体力の衰えも感じて十分なもてなしができないという。14~16日には最後の「まつり」を開く。

 園地は約20アール。人口が減り、高齢化も進む地域ににぎわいを生みたいと、自営の縫製業を引退した60代後半になってから1人で造園を開始。10年ほどかけて完成させた。キイジョウロウホトトギスの株は佐本地域の知人から分けてもらって少しずつ増やし、2011年から園地を公開していた。株を植える石垣には約1万個の石を使っていて、いまは約6500株ある。この他、園地内には休憩スペースも設けている。

 園地では今年も、10月に入ってから花が咲き始めた。

 14~16日の「まつり」は午前9時~午後4時。無料。地区の女性らが芋餅やよもぎ餅、さんまずしなどを販売する。雨天決行。

 問い合わせは堀野さん(0739・55・2748)へ。

最終更新:10/13(金) 17:01
紀伊民報