ここから本文です

地酒振興の機運向上を 乾杯いしかわ会議

10/13(金) 1:20配信

北國新聞社

 「地酒で乾杯いしかわ会議」のパーティーは12日、金沢市のANAクラウンプラザホテル金沢で約150人が出席して開かれ、地酒のさらなる振興に向け、活動の進展を誓い合った。

 会長の飛田秀一金沢経済同友会相談役・石川県芸術文化協会会長は、会員数が2013年の発足時から3倍に増えていることに触れ「多くの会合で地酒での乾杯が行われるようになったことは、会議の発足前には想像もしなかった大変な変化だ。追い風が吹く中、地酒振興の機運がさらに高まることを願っている」と述べた。

 名誉顧問の谷本正憲知事があいさつし、細田大造金沢市副市長が祝辞を述べた。鏡開きに続き、副会長の安宅建樹金沢商工会議所会頭の発声で乾杯した。ジャズ演奏の後、幹事の中島秀雄金沢商工会議所副会頭が中締めし、副会長の吉田隆一県酒造組合連合会長があいさつした。

 会場には「ひやおろしバー」が設けられ、県バーテンダー協会が秋に合う地酒カクテル3種を振る舞った。地酒イベント「サケマルシェ」(北國新聞社後援)は、21日に金沢市のしいのき迎賓館で開かれる。

北國新聞社

最終更新:10/13(金) 1:20
北國新聞社