ここから本文です

金沢で国際漆展が開幕

10/13(金) 15:31配信

北國新聞社

 「国際漆展・石川2017」(本社後援)は13日、金沢市のしいのき迎賓館で開幕し、7カ国・地域から寄せられた漆芸作品80点が漆の豊かな表現力を伝えた。

 国際漆展は11回目で、11カ国・地域から176点の応募があり、入賞・入選作が展示された。今回は「21世紀鷹峯(たかがみね)フォーラム石川・金沢~百万石ものがたり 工芸の祭典」(本社特別協力)の一環として開かれた。

 大賞を獲得した小梛(おなぎ)真弓さん(千葉県)の「いのち」はふた付きの楕円(だえん)形の器で、表面の曲線と艶のある黒漆が優美な漆の魅力を引き出した。金賞に選ばれた黒木紗世さん(金沢市)の皿「花を紡ぐ」なども来場者の関心を引き付けた。

 開会式では中島秀雄開催委員長があいさつ、谷本正憲知事、細田大造金沢市副市長が祝辞を述べた。25日まで。

北國新聞社

最終更新:10/13(金) 15:31
北國新聞社

Yahoo!ニュースからのお知らせ