ここから本文です

アップルマラソン上位 青森から3選手招待/韓国・済州みかん国際マラソン

10/13(金) 11:03配信

Web東奥

 「弘前・白神アップルマラソン」実行委員会は12日までに、11月12日に韓国・済州(チェジュ)特別自治道(済州島)で行われる「済州みかん国際マラソン」への招待者3人を決定した。

 アップルマラソン(10月1日開催)に出場した5777人のうち、上位に入賞した県内選手の中から選ばれたのは、フル男子総合1位の会社員風間勝臣さん(37)=南部町=と、フル女子総合6位の主婦原子久美子さん(39)=青森市、ハーフ女子総合4位の会社員築舘あゆみさん(36)=弘前市。

 招待は今年で2回目。3人とも海外のレースは初めて。風間さんは「自己ベスト(2時間35分9秒)を上回る記録を出したい。海外そのものが初めて。いろいろなことを吸収できれば」と意欲。原子さんも好記録を目標に掲げ「交流も深めたいので、現地の文化など済州の情報を収集中」と張り切り、築舘さんは「なかなかない機会なので楽しみながら走りたい。わくわくしています」と胸を膨らませていた。

 みかんマラソンは、アップルマラソンと同じく今年で15回目で、昨年は国内外の6千人以上が出場した。

 済州島は「韓国のハワイ」と呼ばれるリゾート地で、県と済州特別自治道は昨年8月、姉妹提携協定を締結。みかんマラソンを主催する同島の有力紙漢拏(ハンラ)日報社と、アップルマラソン実行委メンバーの東奥日報社は、友好交流協約を結んでいる。

 選手3人は11月10日に出発する予定。

東奥日報社

最終更新:10/13(金) 11:03
Web東奥

Yahoo!ニュースからのお知らせ