ここから本文です

エリザベス女王杯の前哨戦・府中牝馬Sなど/本日の注目ポイント

10/14(土) 6:00配信

netkeiba.com

 10/14(土)は東京・京都・新潟の3場開催。13日正午の馬場発表では、東京と京都が芝ダートともに良、新潟は芝が稍重、ダートが重となっている。東京は13日夜の降水確率が高く、馬場状態が悪化する懸念も。

■東京メインは牝馬重賞・府中牝馬S
 東京11Rは、府中牝馬S(GII)。今年は日本とアイルランドの外交樹立60周年を記念し、「アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス」という名称に変更された。1着馬にエリザベス女王杯(GI)の優先出走権が与えられる。昨年はクイーンズリングがここと本番を連勝したが、今年も同馬を含めて3頭のGI馬が揃う注目の一戦となった。

■良血馬が集結した準OP・白秋S
 東京10Rは白秋S(1600万)。出走頭数は10頭と少ないが、ロサギガンティアの弟スターオブペルシャ、サトノノブレスの弟クライムメジャー、ミッキーアイルの弟タイセイスターリー、ダノンヨーヨーの弟ビップライブリーなど重賞ウイナーのきょうだいがズラリと揃った。

■藤沢和雄厩舎、本日3頭出しで鞍上は全てルメール騎手
 レイデオロ、ソウルスターリングに代表される藤沢和雄厩舎とC.ルメール騎手の「黄金コンビ」。本日、藤沢和雄厩舎の所属馬は東京で3頭出走するが、その全てが鞍上ルメール騎手となっている。東京10R・白秋Sに出走するスターオブペルシャは、ルメール騎手とのコンビで500万・1000万と連勝中。

■秋華賞除外のサロニカ、京都メインに出走
 京都11Rは1600万のハンデ戦、清水S。秋華賞に登録するも抽選で除外になったサロニカが出走する。京都マイルは秋華賞出走のミリッサを抑えて逃げ切ったこともある舞台。鬱憤を晴らすことができるか。

■東京9Rは2歳ダート戦・プラタナス賞
 東京9Rは2歳のダート戦、プラタナス賞(500万)。昨年はエピカリスが7馬身差で圧勝した。今年もエピカリスと同じ、2回新潟6日目・ダート1800mの新馬戦を圧勝して臨むルヴァンスレーヴに人気が集まりそう。無傷の2連勝なるか。

■桜花賞馬アユサンの全妹が東京5Rでデビュー
 2013年の桜花賞馬アユサンの全妹、マウレア(父ディープインパクト)が東京5Rの新馬戦でデビュー。戸崎圭太騎手とのコンビで初陣を飾れるか。馬名の意味はハワイ語で「永遠の喜び」。

■エスポワールシチーの弟が東京4Rでデビュー
 2009年のジャパンカップダートなどGI・9勝を挙げたエスポワールシチーの弟、ダークリパルサー(父ハードスパン)が東京4Rの新馬戦でデビューする。鞍上は戸崎圭太騎手で、馬名の意味は「闇を祓うもの」。

■京都でも砂の女王ミラクルレジェンドの仔が登場
 京都4Rの新馬戦では、JBCレディスクラシック連覇などダート重賞7勝の名牝ミラクルレジェンドの息子、グレートタイム(父キングカメハメハ)がデビュー。同馬は2016年のセレクトセール1歳にて1億5120万円で落札された。鞍上は和田竜二騎手。

■紫菊賞にトゥザフロンティア出走、巻き返しなるか
 京都9R、2歳500万特別の紫菊賞にトゥザフロンティアが出走。父ロードカナロア、母トゥザヴィクトリーという良血馬で、デビュー戦は勝利したものの、2戦目の芙蓉Sでは4着(1番人気)に敗退していた。ここで巻き返しなるか。

■ディープ×アパパネの12冠ベビー・モクレレ、連勝なるか
 東京7Rの500万下にはモクレレが出走。父ディープインパクト、母アパパネという父母合わせて12冠の良血馬で、4戦目となる前走で初勝利を飾っている。連勝なるか。

■吉田豊騎手らが区切りの勝利まであとわずか
 吉田豊騎手はJRA通算1200勝まであと1勝で、本日は東京で7鞍に騎乗。田辺裕信騎手はJRA通算700勝まであと2勝で、東京で8鞍に騎乗。高倉稜騎手はJRA通算200勝まであと1勝で、京都で2鞍に騎乗。

最終更新:10/14(土) 6:00
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ