ここから本文です

【U17】日本、先発9人変更でニューカレドニア戦 決勝トーナメント見据え

10/14(土) 6:03配信

スポーツ報知

 【コルカタ(インド)13日=井上信太郎】日本が“ターンオーバー大作戦”で最高の状態で決勝トーナメント(T)へ臨む。14日のニューカレドニア戦に向け、この日は同市内で約1時間半の調整を行った。11日のフランス戦の先発からFW久保建英(16)=F東京U―18=を含め9人を変更した大胆な布陣で臨むことが濃厚。森山佳郎監督(49)は「試合に飢えている選手たちは勝たないといけないゲームでギラギラ、メラメラしたものを見せてほしい。チーム全体で決勝Tを見つめてやりたい」と意気込んだ。

 現在、日本は1勝1敗ながら得失点差+4のE組2位。最下位相手に負けなければ、1次リーグ突破が濃厚だ。また首位通過の場合は移動が必要になるが、2位突破なら決勝T1回戦を同じコルカタで戦うことができる。指揮官が「ファイナリストが目標」と言い切るように、勝負は決勝Tに入ってから。思い切って主力を休ませ、大一番に万全の状態で臨むつもりだ。

 この日の練習にインドのメディアが50人以上押しかけるなど、久保をはじめ日本への注目度は高い。「日本サッカー界に大きな成果を持って帰りたい」と指揮官。世界を驚かす準備は着々と進んでいる。

最終更新:10/14(土) 6:03
スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

Yahoo!ニュースからのお知らせ