ここから本文です

三宅裕司、12キロ減量「実は2年前から…」

10/14(土) 4:03配信

スポーツ報知

 俳優の三宅裕司(66)、小倉久寛(62)が出演する劇団SET第55回本公演「カジノ・シティをぶっとばせ!」が13日、東京・東池袋のサンシャイン劇場で開幕した。

 昨年カジノ法案が可決したことを受け、京都を舞台にカジノを誘致しようとする京都市長(三宅)と、それを助ける芸者の置き屋のボス(小倉)が陰謀に巻き込まれていくストーリー。「笑い」をテーマにした熱海五郎一座と差別化するため、「日本と日本人」をテーマに製作された。

 12日に行われた公開稽古では、劇団員が日舞などの稽古で習得した「和」の要素を取り入れたダンスシーンがお披露目された。

 三宅は、2年で12キロの減量に成功したことを報告。「実は2年前からデトックスを始めたんです。ちょうどいい体重にして、いい体を作り出していくというのをやっている。自然治癒力が上がってアレルギー性鼻炎も治りました」と健康の秘けつを明かした。軽快な動きに、小倉も「今回はアクションも参加している。いや~、ビックリしました。動きが早いんですよ」と目を丸くしていた。

 同公演は29日まで。

最終更新:10/15(日) 21:55
スポーツ報知

Yahoo!ニュースからのお知らせ