ここから本文です

「ボクは怒ってるんだからね(プイッ)」 爪を切られたワンちゃんが想像以上のすねっぷり!

10/15(日) 19:39配信

ねとらぼ

 爪を切られてすねるワンちゃんのわかりやすすぎる態度がかわいいです。思った以上のすねっぷりだった……。

【ちらっと飼い主を見るワンちゃん】

 甘えん坊なシベリアンハスキーの「文太」くんですが、過去にトリミングで切られすぎて爪先から血が出たのが痛かったようで、それ以来爪切りがトラウマに。そのため爪切り後には、窓の外を向くように横になっては、飼い主さんの呼びかけにも一瞬かるく振り向いただけで「もう知らない……」とばかりにプイッと元に戻ってしまう姿が目撃されています。

 背中から漂う“ボクは怒ってます”オーラと、人間のような不満げな表情からそのすね具合が伝わってきます。なんてわかりやすさだ……。

 ちなみに今回の爪切りは、シベリアンハスキーなどのワンちゃんが持つ、地面につかない指の爪「狼爪(ろうそう)」を短くするためのもの。引っかけ事故や伸びすぎて刺さったりしないよう、文太くんに必要な行為ですが、痛みが無くとも怖いものは怖いようです。

 投稿した飼い主さんによると、削られてる間は「アオォ~~…オオ~」と文句を言っていたそうで、「終わると速攻で逃げて拗ね始めました」とのこと。またその後は、機嫌を直すため「おやつもたくさん献上する羽目に」なったそうです。文太くん、いつか慣れるといいな……!

 Twitterではすねた文太くんの動画に「可愛すぎて泣いた」「ギュってしたくなる」と、あいらしいその姿に魅了される人の声が多く寄せられる人気に。その他にも動きが「人間ぽい」といった声や、ペット“あるある”だと共感する声も上がっています。

画像提供:@pupipupi_pupipiさん

最終更新:10/16(月) 10:58
ねとらぼ