ここから本文です

1円でも安いスタンドで給油したい日本人に対し、どうして欧州車は日本のレギュラーガソリンに対応しないのか?

10/16(月) 13:16配信

オートックワン

-輸入車(特に欧州車)が日本のレギュラー対応しないのはなぜでしょうか?
ハイオク仕様というだけで敬遠している人が大勢いると思うんです。-

日本のガソリンスタンドでは「レギュラー」ハイオク」「軽油」の3種類が存在する


輸入車に乗ってみたい、しかしハイオク仕様なので食指が動かない。そういう方は少なくないと思います。

実は、日本のレギュラーガソリンのオクタン価は、基本的にアメリカのレギュラーガソリンに合わせたものです。つまり、輸入車の中でもアメリカ車は、ほとんどがレギュラー仕様になっています。

日本は戦後、多くのものをアメリカに合わせました。たとえばナンバープレート。よく、欧州の横長プレートならもっとカッコいいのに、空気抵抗も少ないのに、と思ったりしますが、日本のナンバープレートは、韓国ともども、アメリカのものに準拠しています。ガソリンも同様というわけです。なにしろ日本は敗戦後、アメリカに占領されたわけですし。

一方欧州は、レギュラーガソリンのオクタン価が95なんですね。「なぜ?」と言われると答えられませんが、なぜかそうなんです(笑)。

そう聞くと、「じゃあなぜ欧州車は、日本向けの輸出車を日本のレギュラーガソリンに合わせないの?」と反問されるでしょう。

それについては、第一にコストがかかること。第二に、若干性能が落ちること。これに尽きます。

日本向けの輸出は、全体の生産台数からすると微々たるものだったりしますから、そのためにわざわざコストをかけて設計変更して、しかも性能が落ちたんじゃステイタスも落ちてしまうし、割に合わないよ! ということです。

輸入車を購入する方は、コストよりも性能やステイタス、スタイルなどを優先しているんです。ハイオクでもかまわない、という人が購入層なのですね。

ただ今後、ここに変化が起きる可能性はあります。

このところ輸入車の販売台数が順調に伸びていて、国産車からの乗り換え組もどんどん増えています。

欧州車が、日本のレギュラーガソリン仕様車をリリースする日も、そんなに遠くないのかもしれません。

最終更新:10/16(月) 13:20
オートックワン