ここから本文です

DeNA 初回、32分間の猛攻で3点を先制 能見を早々とKO

10/17(火) 18:45配信

デイリースポーツ

 「セCSファーストS・第3戦、阪神-DeNA」(17日、甲子園球場)

 DeNAは初回、9人の攻撃で4安打3得点と幸先良いスタートを切った。

【写真】阪神園芸『匠の技』で決戦の舞台整える

 四球、右前打で無死一、三塁とすると、ロペスの左前適時打で鮮やかに先制した。

 「ストライクゾーンにきたら、強いスイングをすることだけを意識して打席に入りました。先制打になったことはうれしいですが、まだ初回なので気を緩めず頑張ります」と真剣な表情で話した。

 筒香の四球で満塁、1死を挟み、なおも満塁で、嶺井の左前2点適時打が飛び出し追加点を奪った。

 柴田が左前打で続いて再び満塁とし、阪神戦発・能見をKOに追いやった。初回、32分の猛攻でプレッシャーを与え続けた。

最終更新:10/17(火) 19:04
デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/22(水) 1:15