ここから本文です

ロヒンギャ難民、ボート転覆で少なくとも10人死亡

10/17(火) 15:06配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【10月17日 AFP】ミャンマーとバングラデシュを隔てるナフ(Naf)川で16日、ミャンマーでの暴力行為を逃れてバングラデシュに渡ろうとしていたイスラム系少数民族ロヒンギャ(Rohingya)を乗せたボートが転覆し、少なくとも10人が死亡、多数が行方不明となった。また、この転覆事故とは別に、約1万2000人のロヒンギャが新たにバングラデシュに到着した。

 バングラデシュを目指すロヒンギャの多くは、ナフ川の川幅が最も狭い場所を横断するが、古く粗末なトロール漁船でベンガル湾(Bay of Bengal)を渡ろうとする人たちも少なくない。映像はナフ川を歩いて渡ったり、バングラデシュ・ウキヤ(Ukhiya)で救援物資の配布を受けたりする避難民ら。(c)AFPBB News

最終更新:10/20(金) 8:23
AFPBB News