ここから本文です

秋のさわやか運動始まる 生徒ら笑顔であいさつ

10/17(火) 11:03配信

北日本新聞

 県内の小中高生が地域であいさつ運動や清掃活動などを行う「秋のさわやか運動」が17日、県内各地で始まった。県立高校と私立高校、県立特別支援学校の計66校が参加する。中心期間は20日まで。

 富山いずみ高校(富山市堀川小泉町)では、生徒と教職員、保護者ら約50人があいさつ運動を実施した。規律委員長の澤井祐輝さん(2年)が「元気にあいさつしてさわやかな一日にしましょう」と呼び掛けた。参加者は朝の冷気の中、同校正門や近くの地鉄市内電車・堀川小泉電停前で、通勤、通学する人に「おはようございます」と笑顔で声を掛けた。

 運動は児童・生徒らに社会の一員としての自覚を高めてもらおうと、毎年6、10月に県高校生徒指導推進研究委員会などが行っている。

北日本新聞社

最終更新:10/31(火) 12:58
北日本新聞