ここから本文です

こだわりグルメ拡充 香林坊大和、歳暮商戦スタート

2017/10/17(火) 1:23配信

北國新聞社

 金沢市の香林坊大和は16日、同市の香林坊アトリオステージで歳暮商戦のキックオフイベントを行い、外商活動を本格化させた。今年は人気の地元産ギフトに加え、全国のこだわりグルメを拡充した。ぜいたく感のある品ぞろえで前年比2%増の売り上げを目指す。

 取り扱うのは全1500点で、地元産品は菓子や地酒など300種類を集めた「ふるさとの味サービス便」を打ち出す。全国の食材は産地直送の送料込みギフトとして前年より30点多い約130点を提案する。鍋用の高級食材やアイスクリームなどを追加した。クリスマスギフトも併せて提案し、贈答用にも自分用にも楽しめる品ぞろえとした。

 早期申し込みで料金が10、15%引きとなる「早割ギフト」は700点を用意し、11月1日から12月4日まで扱う。ギフトセンターは11月2日に開設する。

 キックオフイベントでは島田純一店長が激励し、従業員代表が決意表明した。ガンバロー三唱の後、外商担当者が営業に出発した。

北國新聞社

最終更新:2017/10/17(火) 2:13
北國新聞社