ここから本文です

「お母さんといると…生きていくのがつらい」音信不通の娘の花嫁写真 「夜廻り猫」が描く家族

10/20(金) 7:00配信

withnews

 「お母さんと離れたい」。そう言って家を出ていった娘。11年間、連絡はありませんが、娘の友人が写真を送ってくれました。その写真は……。「ハガネの女」「カンナさーん!」などで知られ、ツイッターで「夜廻り猫」を発表してきた漫画家の深谷かほるさんが、「家族」を描きました。

【マンガ】「夜廻り猫」が描く家族、本編はこちら 家を出て行った娘の花嫁写真に母は…

「不幸にさせない」一心 娘を苦しめていた

 「泣く子はいねが~」。人の涙の匂いをかぎつける猫の遠藤平蔵。きょうも夜廻り中に、ひとり物思いにふける女性を見つけました。「むっ 涙の匂い…!」
 
 女性は自分の思い出を振り返ります。
 厳しい両親に育てられ、「愛された」という経験がありません。結婚生活もうまくいかず、とにかく「娘に不自由させない」と独り働いてきました。
 学校を卒業した娘は、遠く離れた他県に就職すると言い出します。
 「家を出たらやっていけない 世間は厳しいのよ」。いつものように娘に言い聞かせます。
 すると娘は、「お母さんと離れたい お母さんといると、生きてくのがつらい」と気持ちを明かしました。

 それから11年、連絡はありませんが、先日、娘の友人が写真を送ってきてくれました。
 優しそうな男性の隣でほほえむ、ウェディングドレス姿の娘。
 女性は「お祝い、送ってあげたいけど 受け取らないかも」とつぶやきます。
 遠藤は「お母さんが楽しそうに暮らしていること」を知らせたら、と提案して、顔をほころばせるのでした。

報われなくても「誰かを愛した」 大切にしたい

 作者の深谷さんは「『家族は難しいな』と思います」と語ります。
 子どもに対して過干渉だったり価値観を押しつけたりといった「毒親」についての新聞記事を読んで、この漫画を描いたそうです。

 深谷さんは、「あたたかい家庭を築きたいと思う気持ちも当然だし、精一杯努力する責任もある」としたうえで、「ただ『うまくいって当たり前』みたいな常識に苦しむ人へ、私は『難しいと思います』と伝えたくて」と話します。

 深谷さんも、シングルマザーとして息子を育ててきました。
 「自分だって、すべてに落第したような気持ち」と振り返りますが、
 それでも「うまくいかなくても報われなくても、誰かを愛したということを心の中で大切にしたいと思います」と話しています。

1/2ページ

最終更新:10/20(金) 7:00
withnews