ここから本文です

内蒙古・豊かな草原は消えたー移動しない家畜、種の移動なくなった植物

10/27(金) 11:10配信

THE PAGE

 日本の3倍という広大な面積を占める内モンゴル自治区。その北に面し、同じモンゴル民族でつくるモンゴル国が独立国家であるのに対し、内モンゴル自治区は中国の統治下に置かれ、近年目覚しい経済発展を遂げています。しかし、その一方で、遊牧民としての生活や独自の文化、風土が失われてきているといいます。

【写真特集】故郷内モンゴル 消えゆく遊牧文化を撮る―アラタンホヤガ第4回

 内モンゴル出身で日本在住の写真家、アラタンホヤガさんはそうした故郷の姿を記録しようとシャッターを切り続けています。内モンゴルはどんなところで、どんな変化が起こっているのか。

 アラタンホヤガさんの写真と文章で紹介していきます。

----------

 1980年代から、内モンゴルでは土地改革が行われ、牧草地が各家庭に分配された。しかしこれが、それまで続いてきた遊牧文化の衰退、地域コミュニティの崩壊、砂漠化など多くの問題の種になっていった。

 草原に育つすべての植物は、花の場合と異なり、家畜の媒介によって、種が移動される。

 たとえば、家畜が草原を移動する際に、その毛にくっついた植物の種はどこかに落ち、土に踏み込まれる。あるいは家畜が食べた植物の種が消化されずに排泄物と一緒に出され、大地に戻り、新しい生命となって育つ。

 しかし、家畜が一年中、決められた狭い牧草地の中で動くことしかできなくなったので、同じ植物が同じ場所に育つようになった。つまり、植物も移動できなくなったのだ。

 こうして、草の種類が乏しくなり、多種類の草が育つ豊かな草原が消えている。(つづく)

※この記事はTHE PAGEの写真家・アラタンホヤガさんの「【写真特集】故郷内モンゴル 消えゆく遊牧文化を撮るーアラタンホヤガ第4回」の一部を抜粋しました。

----------

アラタンホヤガ(ALATENGHUYIGA)
1977年 内モンゴル生まれ
2001年 来日
2013年 日本写真芸術専門学校卒業
国内では『草原に生きるー内モンゴル・遊牧民の今日』、『遊牧民の肖像』と題した個展や写真雑誌で活動。中国少数民族写真家受賞作品展など中国でも作品を発表している。
主な受賞:2013年度三木淳賞奨励賞、同フォトプレミオ入賞、2015年第1回中国少数民族写真家賞入賞、2017年第2回中国少数民族写真家賞入賞など。

最終更新:10/31(火) 5:48
THE PAGE